ロッテ2017!移籍補強・ドラフト加入・新外国人選手の戦力分析!

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

むしろ平均か、平均以下程度。

守備の指標を示すアルティメット・ゾーン・レーティングでは、

レフトがプラスになっている以外、全てがマイナス

という数字になっていました。

また、打撃も、メジャーリーグで一番成績の良かった2015年でも、

104試合、打率.275、10本塁打、42打点

という数字。

決してアベレージヒッターというわけでも、大砲というわけでもありません。

さらに、四球率は毎年5%前後なので、

四球を選べないフリースインガー

という特徴もあります。

積極的に打ちにいくスタイルではあるものの、その割にはミートの正確さに欠けている印象を受けました。

ただ、メジャーリーグではパワーがあるとは言えなくても、日本プロ野球では、パワーがある方に分類されるかもしれません。

もしかすると、

1シーズン20本

ということもありえるだけに、日本という新環境でもダメか、もしくは大きく化けるか…

どう転ぶかわからないというのが、筆者のパラデス選手に対する評価です。

 

まとめ

2017年の千葉ロッテの新戦力についてご紹介しました。

ドラフト会議で大量の投手を指名し、投手不足を補強した形にはなりましたが、外国人選手の補強は、ことごとく失敗しています。

デスパイネ選手が流出、狙っていた元阪神のゴメス選手も韓国に先を越される

などなど…。

肝心の内野補強として獲得した外国人選手2人も、大砲タイプではないため、せいぜいポジションの穴を埋める程度に留まるでしょう。

これらのことを踏まえると、2017年の千葉ロッテは、非常に厳しい戦いを強いられることになりそうですね。

1 2 3 4
ページトップへ