阪神2017!移籍補強・ドラフト加入・新外国人選手をチェック!

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『超変革』を目指すのであれば、将来の和製大砲候補をファーストで起用するというのは間違っていません。

それに、メッセンジャー投手、マテオ投手という2人が、すでに外国人枠で埋まっていますし…。

 

2017年の阪神の新加入選手を紹介!

続いては、2017年から阪神に加入する新戦力についてです。

まずは、阪神がドラフト会議で指名した選手から。

阪神のドラフト指名選手

  • 大山悠輔
  • 小野秦己
  • 才木浩人
  • 濱地真澄
  • 糸原健斗
  • 福永春吾
  • 長坂拳弥
  • 藤谷洸介

以上が、阪神のドラフト指名選手です。

やはりというべきか、

謎のドラフトだった

と言うしかないですね。

当初の阪神の戦略であれば、佐々木千隼投手を一本釣りできていたはずです。

しかしサプライズとも言える、大山悠輔選手を1位指名。

大山選手が、今の阪神に足らない要素であることはもちろんで、ピンポイントな補強にはなっていますね。

大学日本代表の4番を務めた和製大砲なので、どのチームも注目していたことは確かですが…。

果たして、金本監督の判断が正しかったのか?

2017年の阪神は、ルーキーでは大山悠輔選手に注目です!

続いては、移籍によって阪神へ新加入した2選手のご紹介です。

まずは、柳瀬明宏投手です。

柳瀬投手は、2005年にソフトバンクから、大学・社会人ドラフトで5位指名され、入団しました。

中継ぎとして活躍し、長年ソフトバンクを支えていた存在だったのですが、2015年、2016年と登板機会が全くなく、戦力外通告に。

そこで、中継ぎの不足していた阪神が、実績もあり、ソフトバンクイズムを持っている柳瀬投手を獲得したのです。

2014年には怪我をしているものの、その後復帰をし、40登板をしていることから、影響はないものとみて大丈夫でしょう。

1 2 3 4
ページトップへ