お花見の桜を楽しむ由来はいつから?海外の反応や評判も紹介!

お花見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめは、五穀豊穣を神に祈っていた、という宗教的な意味合いで、桜の木にお供えものをしていた背景があり、決して、お花見をただの春のお祭りとして楽しんでいただけではなかったのです。

では、どのようにして、お花見の文化が日本に生まれるようになったのでしょうか?

このお花見の文化が、日本に定着しはじめたのは、この桜の木を宗教的背景で捉えていた古代神話の頃よりもかなり後の話なのです。

しかも、はじめの頃は、お花見に用いたのが、中国から贈られてきたであった、というのですから驚きですよね。

もう少し詳しく見ていくと、奈良時代、貴族の間で、今のお花見のように、花を見て楽しむ行事が流行していたらしく、それが平安時代へと時代が移っていくと、宮中で桜を見て楽しむ、という文化に変わっていきました。

お花見

昔は貴族の娯楽として、はじまったお花見文化

それも梅から桜に変わった背景には、御所が火災に遭い、最悪なことに梅の木が焼失してしまったため、代わりに桜の木を植えた事が、大きなきっかけとなって、今の桜のお花見になったと言われています。

ちょっとした事がきっかけで、お花見の対象の花が桜になっていたとは、これも驚きですよね。

それにしても、庶民の間で、全く定着していないお花見が、貴族の間の隠れた娯楽として楽しまれていたという話は、ちょっとニュアンスは違いますが、今のところの地方議員や国会議員が、議員特権を得て、楽しんでいるかのように見えてしまいます。

あまり政治のことを話すとストレスを感じる人もいらっしゃるかと思いますので、軽く触れる程度にしておきますが、議員特権として、国会中に逮捕を免除されたり、渡航費などの特別歳費が貰えたりと、何かと特権が議員には与えられています。

1 2 3 4
ページトップへ