お花見の桜を楽しむ由来はいつから?海外の反応や評判も紹介!

お花見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


オリンピック競技などで、メダル数が海外と比較して少なかったり、とくにアメリカなどと比較して、誇れるものが少ない印象も否めない日本ですが、日本だからこそ誇れるものは必ずあり、その一つが桜を見るお花見の文化と言えるでしょう。

今後も、多くの海外の人々が羨むほどのお花見文化を継続し、日本だからこそ魅せられる美しさや、雅の世界観を定着し続けていきたいと思う次第です。

 

まとめ

元々は五穀豊穣を願って、桜の木にお供えしてお祈祷していたのがはじまりだった、日本のお花見文化は、今の世の中で、海外からも羨ましがられる文化として定着するようになりました。

そして、日本が海外に誇れる大きな文化として現在、お花見の映像がYOUTUBEなどで、世界に配信されるようにもなりました。

ただ、桜を見ながら酒を飲み交わしたり、団子やお弁当を食べてコミュニケーションを図るだけのものと思われがちですが、それこそが日本の美学であったことが改めて分かりました。

また、海外でも桜まつりはあるものの、お花見という文化は根付いておらず、これこそが日本が世界に誇れる大きな文化・美学なのだと思う次第です!

1 2 3 4
ページトップへ