巨人2017!移籍補強やドラフト指名・新外国人選手をチェック!

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まず、1人目に移籍加入したのは吉川光夫投手です。

日本ハムからトレードで移籍してきた吉川(光)投手は、

2012年に14勝をマーク(MVP)

2015年に11勝を挙げる

など、貴重な先発左腕です。

吉川(光)投手1人と大田選手・公文投手でも、巨人があまりにも得をしているトレードだと、筆者は思ったのですが…。

しかし、日本ハムファンの意見では、

「セのファンは2012年の幻影を見続けている」

「2012年とか2015年の出来を前提に考えるのはよくない」

このように

吉川(光)投手が毎年2桁勝利確実!という実力ではない

ことを口にしている方が、それなりにいたのです。

確かに、巨人へFAで移籍してきた大竹投手も、広島では何度も2桁勝利をしましたが、

巨人へ移籍してからは、最高が9勝

という成績です…。

吉川(光)投手は、

10勝すれば上出来

1年間ローテを守ることに期待!

というくらいの認識でいた方が、気持ち的に楽かもしれません。

2017年の巨人の移籍加入選手2 石川慎吾

石川慎吾選手は、同じく日本ハムからトレードでやってきた選手です。

まだ23歳の若手ですが、高校通算55本塁打のパワーが持ち味。

どちらかというと、将来性を買われてトレードとなったタイプですね。

将来の巨人の中軸候補としての成長に期待です!

2017年の巨人の移籍加入選手3 山口俊

FAによって、横浜DeNAから移籍してきたのが、『どすこい』こと山口俊投手です。

山口(俊)投手は、先発として開花しなかったものの、2009年に抑えとして才能を発揮させると、しばらくは抑えとして活躍します。

しかし、コントロールが定まらなくなり、再び先発に戻されると、

2014年に8勝、2016年はキャリアハイの11勝をマーク

するのです。

巨人は先発の柱として獲得したと思われますが…。

正直なところ、先発として計算できるかは、未知数です。

まだ先発は2年しか成功した年がなく、大半が抑えだった

わけですからね…。

コントロールにかなり不安があるため、吉川(光)投手以上に、波が激しい選手なので、

2016年並みの活躍をするかどうかはわからない

と、安定感に欠ける認識を持っておいた方がよさそうです。

移籍後はさっそくインフルエンザにかかってしまい、キャンプで別メニューになっていました…。

2017年の巨人の移籍加入選手4 森福允彦

ソフトバンクからFAで移籍してきたのが、森福允彦投手です。

森福投手といえば、変則的なサイドスローが持ち味の投手で、主にリリーフとして、ソフトバンクを支えてきました。

2011年以降、毎年安定した成績を残しているため、巨人の補強ポイントである

左のリリーフ

として、存分にその力を発揮してくれると思いますよ。

おそらく、巨人の補強の中で1番の補強になったのが、森福投手だと筆者は思っています。

2017年の巨人の移籍加入選手5 陽岱鋼

5人目の移籍加入選手は、陽岱鋼選手です。

日本ハムのセンターとして活躍していた陽選手。

走守に優れた選手で、打撃もパンチ力があります。

ただ、フリースインガーかつ山張りバッターの傾向があるため、打撃に安定性はありません。

しかし、巨人の補強ポイントである、

センターラインの強化

には、うってつけの人材です。

固定しきれなかったセンターを固定できるようになるのは非常に大きいので、陽選手の加入は、巨人にとってかなりプラス要素となりそうです。

2017年の巨人の移籍加入選手6 柿澤貴裕

6人目の移籍加入選手は、柿澤貴裕選手です。

楽天から、小山投手とのトレードで加入しました。

22歳の若手で、最初は投手として楽天にドラフト指名されたものの、後に外野手に転向した経歴を持っています。

柿澤選手は、走守に定評のある選手で、もともと投手だったということから、強肩です。

打撃もパワーがあるため、環境が変わると、

走攻守3拍子揃った選手

に覚醒するという可能性が、なきにしもあらず。

ただ、野手の育成が非常に苦手な巨人では、それは難しいかもしれませんね…。

 

2017年の巨人の新外国人選手を紹介!

最後に、2017年の巨人でプレーする、新外国人選手を紹介しましょう。

2017年の巨人の新外国人選手1 ケーシー・マギー

巨人がサード、ファースト候補として補強したのが、ケーシー・マギー選手です。

マギー選手については、もはや説明不要ですよね。

2013年、楽天の日本一に貢献したあのマギー選手です。

楽天で日本一に貢献した後、メジャーリーグに戻ったマギー選手は、

.287、7本塁打、76打点

という活躍で、カムバック賞を受賞。

しかし、その後は成績が低迷し、再び楽天と巨人が調査を行っていたところ、巨人が契約に結びつけた…

というわけです。

ただ、筆者としては、あまりマギー選手に期待できないと思いました。

なぜなら、

2013年の頃よりかなり太っていて動きが鈍い

1 2 3 4
ページトップへ