プロ野球2017!セ・リーグのペナント順位の結果予想と戦力分析

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロ野球

巨人は、大胆なFA補強とドラフト戦略により、課題のセンターラインを強化することに成功。

昔ほどの怖さはないものの、弱点を確実に補強したイメージを受け、堅実さを感じました。

広島カープは黒田投手の抜けた穴が大きいです。

しかし投手陣に限っていえば、先発は福井投手、大瀬良投手が万全の状態であれば、十分に穴を埋めることが可能。

それどころか、ジョンソン投手、野村投手とともに10勝カルテットとしての活躍も期待できます。

ヤクルトは、戦力だけを見れば、2015年の優勝メンバーの大半が健在です。

毎年のように、

「怪我さえなければ…」

という、怪我だけがヤクルトのネックなので、全員が怪我なく万全な状態であれば、確実にAクラスに食い込んでくるでしょう。

 

セリーグの各チームをA、Bのクラス分けをするのであれば、

Aクラス(1~3位)巨人、広島、ヤクルトで争う。

Bクラス(4~6位)横浜、中日、阪神で争う。

とアバウトな予想が、筆者の最終予想となります。

 

プロ野球ペナントレース2017!各チームのポイントは?

黒板を指差す男性

続いては、先ほどの結果順位予想からさらに踏み込んだ、2017年のセリーグの具体的なペナントレース予想までしていこうと思います。

1位 読売巨人ジャイアンツ

筆者が1位に挙げたのは巨人です。

ただ正直なところ、2016年の広島のような独走態勢になるとはあまり思っていません。

後述する広島・ヤクルトの状況によっては、2位や3位に留まる結果も十分にありえるからです。

ただその中でも、巨人がかろうじて1位になるだろうと思った理由に、

補強

があります。

2016年の巨人の投手陣を振り返ると、先発では菅野投手、田口投手以外がピリッとせず、中継ぎもマシソン投手以外は不調。

1 2 3 4
ページトップへ