お花見でおすすめ3つの一発芸!音頭や披露するタイミングはいつ?

お花見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お花見の席で、いくら積極的に話しかけたとしても先輩社員や上司などが、『馴れ馴れしい』と嫌悪感露わにしてしまったら、それ以降、仕事も何かとやりづらくなったりして困惑してしまうでしょう。

ただ、だからといって話しかけないでいたら、ぶっきらぼうと思われるケースも…

そういう背景もあり、新入社員の若者たちにとって、お花見は楽しいイベントであるのと同時に、何かと不安も多いイベントと感じているのではないでしょうか。

そこで活用したいのが、お花見の席での一発芸なのです。

一発芸は、お花見などの交流を図る目的がある無礼講の席で、場を大きく盛りあげ、自分のキャラクターを理解してもらい、組織に打ち解けさせてくれる効果を持っています。

もちろん、他の方が不快となるような一発芸をすれば、逆効果となって、反感を受けることとなってしまいます。

そのタイミングと一発芸のネタ選びには、細心の注意を持つ必要がありますが、不安の多い若手社員は、とくにお花見の席では、何か一発芸を活用することをおすすめします。

極端な話、こういった会社ぐるみのイベントで、他の先輩社員や上司などにかわいがってもらえるかどうかで、今後の会社での人生が大きく変わるといっても過言でないほど、会社員(若手社員)にとってのお花見は重要なイベントなのです。

学生達のお花見では、一発芸でちょっと悪ふざけしながら大いに盛り上がり、会社員のお花見では、最初の交流の場として大いに活用して、少しでも先輩社員や上司にかわいがってもらい、会社での世渡りをうまくするために、一発芸で交流のきっかけとしましょうね。

 

お花見の席でのおすすめ一発芸は?

歌マネ

歌マネ

1 2 3 4
ページトップへ