遊離軟骨(関節ねずみ)の症状と手術治療から復帰までの時間は?

スポーツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
医者

遊離軟骨(関節ねずみ)の治療方法は?

上記で紹介したように、遊離軟骨(関節ねずみ)は、とても厄介な病気。

このため、遊離軟骨(関節ねずみ)が見つかると、まず治療を考えるわけですが…。

遊離軟骨(関節ねずみ)には、どんな治療法があるのでしょうか?

 

遊離軟骨(関節ねずみ)の治療法は2つあり、

  • 手術療法
  • 保存療法

の2つです。

保存療法はそのままの意味。

とくに軽度の遊離軟骨(関節ねずみ)の場合や、身体が成長期の人に対して処置することが多いみたいですね。

そしてもう1つが、手術療法。

関節鏡と呼ばれるものを使う、

『関節鏡視下手術』

によって治療をおこないます。

この手術をおこなうと、遊離した欠片が小さければ、だいたい約1時間ほどで手術は終わります。

通院も、1日~数日程度の入院で済むので、治療する人にとって、大きな負担にならないのが特徴的。

ただし、遊離体が大きくなってしまうと、関節を開いて取り除かないといけなくなり、大事になります。

なので、遊離軟骨(関節ねずみ)が見つかったら、基本的には早めに手術を受けることをおすすめします。

 

このように、基本的に遊離軟骨(関節ねずみ)は、手術をおこなうべき病気ですが、野球選手などを見ていると、

「手術をしない」

という人もいますよね。

ロッテの涌井投手などはその例。

彼は、2011年頃に遊離軟骨(関節ねずみ)が見つかりましたが、手術を回避しました。

では、なぜ人によって、遊離軟骨(関節ねずみ)で手術をしない選択をするのでしょうか?

 

遊離軟骨(関節ねずみ)の手術をしない理由

遊離軟骨(関節ねずみ)の手術回避と言えば、先ほど少し触れた小笠原慎之介投手も、当初は

「手術回避か」

と言われていました。

しかし、最終的には手術に踏み切りましたね…。

では、なぜ人によって遊離軟骨(関節ねずみ)の手術を回避するのでしょう?

その理由を調べてみると、スポーツ選手にとっては悩ましい問題があることがわかりました。

というのも、遊離軟骨(関節ねずみ)には、

遊離軟骨ができやすい人がいて、手術をしたとしても再発する恐れがある

からです。

たとえばプロ野球では、肘の使い方が上手い投手には、遊離軟骨(関節ねずみ)ができやすいとのこと。

オリックスの金子千尋投手は、何度も遊離軟骨(関節ねずみ)ができてしまい、2回も手術を受けています。

小笠原慎之介投手が、遊離軟骨(関節ねずみ)の手術を悩んでいた理由には、

仮に手術をしたとしても、再発したり、手術前のピッチングができなくなってしまうこともある

といったリスクとの相談があったわけですね。

 

この遊離軟骨(関節ねずみ)を巡る手術論争を語る場合、1つの例に挙がるのが、先ほども触れたロッテの涌井投手です。

涌井投手は、遊離軟骨(関節ねずみ)の手術を回避し、保存療法を試みました。

しかし、保存療法で肘の痛みを回避するため、涌井投手は肘をかばうような投球フォームになってしまい、西武時代、一時期不振に陥ってしまったのです。

ただ、2015年には、遊離軟骨(関節ねずみ)が、別の箇所に遊離したためか、以前の安定したフォームで投げられたため、全盛期のピッチングを取り戻しました。

このように、遊離軟骨(関節ねずみ)が暴れ回らなければ、何の影響もないことから、選手によって、手術を回避することもあるのです。

遊離軟骨(関節ねずみ)というのは、われわれ一般人としては、すぐさま手術をした方が良い病気です。

しかし、プロスポーツ選手となると、遊離軟骨(関節ねずみ)の手術をするか否かというのは、今後のことも考えた場合、なかなか難しい選択ですね。

1 2 3
ページトップへ