PSVitaTVが生産(発売)終了した理由原因はPS4が売れすぎたから?

ゲーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PSVitaTV


PSVitaと連携してゲームを楽しんだり、映像コンテンツを楽しむために発売されたゲーム機「PSVitaTV」。

実際に自宅のテレビにも繋げてプレイできたことは一つの魅力ですが、なぜか、2016年2月末で「PSVitaTV」が出荷がストップしました。

僅か2年で生産終了になり驚きを隠せませんが、その理由は一体何だったのか。

本記事では、「PSVitaTV」が生産終了となった理由対応していたソフトの数なども調べまとめていきます。

[adsense]

突然の「PSVitaTV」の生産終了

PSVitaTV

みなさんは2013年11月に発売された「PSVitaTV」をご存じでしょうか?

基本的にネットワークとリンクし、

PSVitaのゲームをテレビと繋げてプレイしたり、

映像コンテンツを楽しむ

ことを目的として発売されたゲーム機です。

このコンセプトは、まだ日本でPS4が発売される前ということもあって、多くのユーザーから高い評価を得てきました。

サイズもかなりコンパクトで持ち運びもしやすいのが一つの魅力!!

DUALSHOCK 3(コントローラー)とPSVitaで使用しているメモリスティック・テレビがあれば、外出先でもプレイできます。

移動中はPSVitaで、移動先(テレビがある場所)では、「PSVitaTV」でゲームが楽しめる…

自宅でテレビでビデオゲームをする2人のプレイヤー 無料写真

そんな新たなコンシューマーゲーム機の楽しみ方が、提供されたわけです。

しかも、9,954円と、価格が1万円を切っていたことも魅力的!!

そんな「PSVitaTV」が、発売2年後にはひっそり生産終了…

生産終了のアナウンスも特に聞かれず、気がついたら生産終了になっていたものだから、好んで使っていたユーザーたちに衝撃が走ります。

「なんで生産終了になってしまったの?」

と、疑念の声も上がり、一つの物議が生まれます。

ラップトップを見て驚いた女性 無料写真

しかし、実際のところ、賛否両論だったことも事実で、画期的と好まれて使われていた一方で、全体的に見渡して売り上げはあまり良くなかった…

なので、生産終了になるのは、発売当初から時間の問題だったとも言えるでしょう。

後ほど、その理由や生産終了になった背景・理由もご紹介していきますが、手軽にコンシューマーゲーム機に触れてもらうきっかけは与えられた…

発売元であるソニー側のコンセプトにもあった様に、ひとまずその狙いはクリアできたような気はします。

ある意味、PS4発売までのつなぎ的存在でもあり、その役割を十二分に果たした「PSVitaTV」は、静かにその幕を閉じたといえるでしょうね。

「PSVitaTV」が生産終了した理由

自宅のテレビとつなげて、PSVitaのゲームが大画面で楽しめるとあって一部のユーザーから好評を得てきた「PSVitaTV」。

しかし、先程もお話した通り、発売2年後にはひっそり生産終了してしまいました。

では、何故好評だったはずの「PSVitaTV」が生産終了となってしまったのでしょうか。

その理由を早速見ていきましょう。

PS4の発売が原因で「PSVitaTV」の生産が終了

「PSVitaTV」が発売された2013年11月14日から約半年後の2014年2月22日、PS4が発売されました。

マシンスペックもPS3から格段と上がり、よりクリアなゲーム画面でゲームを楽しむことが出来ると評判も上々。

さらに、このPS4では、ネットワーク機能をさらに充実。

ネットワーク上の友人に対してプレイ画面を中継する「シェア機能」や、PSVitaと連携させリモートプレイも可能に…

筆者もPS4のゲームをPSVitaでプレイしたいと考え、リモートプレイをしていたこともありました。

ドラゴンクエストヒーローズなんて、まさにその対象!!

今でこそ、「ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり」のPSVita版が発売されていますが、当初はまだ発売されていなかった時期でした。

なので、テレビを見ながら、PSVitaでゲームを楽しみたいと考えリモート機能を使い満喫していたわけです。

まぁ、筆者の経験は一つの事例に過ぎませんが、このように、PSVitaとの連携が取れたのもPS4の大きな魅力の一つです。

ただ、ここで一つの問題が発生!!

実はこのリモート機能、ある意味、「PSVitaTV」と同じなんです。

PSVitaのゲームが、テレビに繋げてプレイできるのが「PSVitaTV」。

PS4とは逆のつながり方ですが、いずれにしてもPSVitaトリンクするのであれば、あまり「PSVitaTV」を買うメリットはありませんよね。

強いて言えば、価格の魅力があるくらい…

PS4でもHuluなどのネット映像配信サービスに対応しているので、機能性はかなり重複しているのです。

しかも、PS4は、当然独自のタイトル(対応ゲームコンテンツ)が発売されているわけですから、機能的には圧倒的上です。

なので、新たにコンシューマーゲーム機を購入するなら、たとえ価格が高くてもPS4を購入するというのが常識的です。

結果として、PS4が順調に売れ行きを伸ばしていく中、「PSVitaTV」大きく売上を落としてしまっています。

これでは、生産終了となるのはやむを得ないでしょう。

あくまで、コンシューマーゲーム機に再び関心の目を向けてほしかったために発売されたゲーム機なので、ひっそりと生産終了となった…

そのように思える次第です。

・実質的に対応ソフトが少なかったことが原因。

「PSVitaTV」は、対応ソフトも1300本と充実し、十分遊びつくせるコンテンツを持っていると好評でした。

しかし、それはPSVitaだけの話ではありません。

PSVitaの前機種に当たるPSPや、現行機種のPSVita・PS4のルーツにもなるPlayStationのゲームタイトルも含めての話です。

あくまで全部合わせて1300本のタイトルに対応しているのであって、PSVitaのタイトル全てに対応しているわけではありません。

結局、全てのタイトルに対応しているわけではないので、せっかく購入しても、いざ目的のソフトをプレイしようとしても、プレイできないなんてことも…

これでは、本末転倒ですよね。

実際にPSVitaの対応ソフトは100本くらいと言われています。

2017年に発売されたソフトだけを見ても114タイトルもあるのに、全体で、100本前後しか対応していないのはあまりにも少ないですよね。

こういった、対応ソフトの少なさも、売り上げが伸びずに、生産終了となった一つのきっかけとなったようです。

ただ、あくまで目的は、コンシューマーゲーム機に再び目を向けてもらうことにあります。

おそらく、「PSVitaTV」のみで爆発的な売り上げを狙っていたわけではなかったのではないでしょうか。

PS4のネットワーク機能を、一足前に体感してもらい、再びコンシューマーゲーム機に関心を持ってもらう…

その役割のために発売されたのだとしたら、なんとなくその意味も理解できますね。

「PSVitaTV」は、それ単体ではあまり意味を持たず、周囲のゲーム機と連携して初めて意味を成すゲーム機です。

そういう意味ではPSVitaの周辺機器と呼ばれてもおかしくはなかったと思います。

そしてPS4 が発売され順調に売り上げを伸ばした現在では、その役目を終え、静かに幕を閉じたわけです。

・単純に売り上げが悪かったから生産終了とした

現在、任天堂が発売している「Nintendo Switch」に人気が殺到し、ゲームショップ・おもちゃやなどでも品薄状態が続いています。

やはり、自宅でも外出先でもプレイできることは、多くのユーザーの心を魅了し、人気を得ることに変わりはありません。

しかし、その一方で「PSVitaTV」は売り上げが伸びなかった…

それは、「PSVitaTV」独自のタイトルの無さと、PS4でも機能を果たしたことから、意味をなさず売り上げが伸びなかったと考えられます。

当然売り上げが伸びなければ、出荷して発売するほど在庫を抱えることとなり、赤字が増すだけです。

発売元のソニーにしても一つの企業にしか過ぎませんし、赤字続きは経営にも影響を及ぼします。

なので、累計売上本数すら公表できず、

「察してください」

という印象すら与えている「PSVitaTV」は、ソニーのお荷物になってしまう前に、静かに幕を閉じたのでしょうね。

・結局スマホに太刀打ちできなかったことが原因

ネットワークとリンクしてゲーム・映像コンテンツ共にサービスの充実を図っていた「PSVitaTV」。

しかし、スマホ文化が定着している現在を見ると、結局のところ、スマホ無料ゲームも映像コンテンツもスマホの方が充実しています。

実際に、筆者も、近年は、コンシューマーゲーム機から離れ、スマホアプリによる無料オンライゲームや映像コンテンツを楽しむようになりました。

これは筆者だけに限った話ではなく、コンシューマーゲーム機が衰退を遂げていく一つの要因とも言われています。

ソニーとしての狙いもスマホからコンシューマーゲーム機に、もう一度目を向けてほしかったのですが、その目論見はハズレてしまったといえるでしょう。

それだけ、スマホ文化が根づいていることを表しているのです。

今後も、なかなか、スマホ無料ゲームからコンシューマーゲーム機に目を向けさせるのは難しいでしょうね。

以上が、「PSVitaTV」の生産終了の主な理由と考えられます。

やはり、PSVitaの周辺機器と言われるようなゲーム機では、なかなかコンシューマーゲーム機として生き残るのは難しいのでしょう。

ただ、ソニーとしても、はじめから、PSVitaTV単体を売り込むことだけを考えてリリースしたわけでは無かった印象が伺えます。

先程からお話ししているように、後に発売されるPS4や、現行機種として先に発売されているPSVitaの売り上げを少しでも伸ばしたかった…

そのためには、スマホオンラインゲームの登場によって、コンシューマーゲーム機から離れたユーザーたちの興味を、再び向けさせなければなりません。

そのことをソニーも熟知していたからこそ、売り上げ度外視でPSVitaTVを発売したのでは無いでしょうか。

そう考えれば、十分役割を果たしているわけですし、売り上げそのものは上がらず2年で幕を引いていますが、功績は挙げていると言えそうですね。

結局「PSVitaTV」は成功なの?失敗なの?

半年後に日本で発売されたPS4へのワンポイントリリーフと考えれば、「PSVitaTV」の発売は、一つの成功と考えることが出来ます。

しかし、実際に売り上げはほとんど伸びず、たった2年で生産終了。

では、実際のところ、「PSVitaTV」は、成功をもたらしたと言うべきなのか、それとも失敗というべきなのでしょうか?

ここからは、筆者の個人的見解でお話ししますが、結論から言うと、やはり失敗だったような気はします。

そもそも、海外でも発売されていたのですが、北米ではあまりに売れずに、2500円(日本円で…)でたたき売りまでされていたという話も聞くほど…

もし、成功をもたらしたというのであれば、間違ってもたたき売りされてしまうことは無いでしょう。

そもそも対応ソフトが少なく、必要とされにくかったことを見てもかなり失敗の印象を受けますよね。

コンシューマーゲーム機に再び目を向けてほしいというソニーの目論見は、言い換えれば、

「ゲーム機を一台も持っていない人」
「据え置き機を持っておらず、携帯機を持っている人」

をターゲットとしているという気持の表れです。

しかし蓋を開けてみれば、結局のところ映像コンテンツサービスも、無料オンラインゲームも、スマホによるサービスに太刀打ちできていません。

確かに、PS4のつなぎと考えれば、とりあえずその役目は果たしていますが、スマホに勝てなかったら意味はありません。

そういう意味では、大失敗に終わってしまったと考えることも出来るでしょう。

ゲームにおいても、アイドル同様、戦国模様が渦巻いているこの時代…

大ヒットゲーム機・ゲームソフトが登場する一方、不作(または失敗)に終わり、静かに幕を閉じるゲーム機・ゲームソフトもあります。

残念ながら、「PSVitaTV」は、後者の部類に入ってしまったと言えそうですね。

「PSVitaTV」は静かに幕を閉じましたが、その分PS4は、それなりに結果を残しています。

あれだけ爆発的に「Nintendo Switch」がヒットしていく中、それでもPS4・PSVitaが好きというユーザーは多いです。

現在、ソニーではPS4の後継機であるPS5発売の噂も出ています。

それだけに、「PSVitaTV」の分大きく取り戻し、今後PS4を筆頭にソニーのコンシューマーゲーム機の飛躍に期待しています。

まとめ

PS4発売前にリリースされ、ネットワーク機能を一つのウリに、PSVitaとの連動性が魅力的だった「PSVitaTV」。

しかし、結果としてみれば、売り上げは悪くアメリカでも叩き売りされてしまう有様…

結局、僅か2年で生産終了となってしまいますが、その理由は、PS4の売れ行きが高く、スマホ無料ゲームに太刀打ちできなかったためと考えられます。

まぁ、独自の対応ソフトも少なくどうにもならなかったんでしょう。

生産終了は寂しいですが、その分PS4やPSVitaに奮起してもらい、コンシューマーゲームの代表として巻き返しに期待したいものですね。

ページトップへ