君はメロディーのセンターにピッタリなのは宮脇咲良?前田敦子?

音楽

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
君はメロディー


前田敦子さんや大島優子さんなどAKB48のOGたちに声を掛けて、一曲限定でAKB48に復帰しリリースされた

AKB48の10周年メモリアルソング『キミはメロディー』。

そのセンターに起用されたのは宮脇咲良さんでした。

現在も彼女がセンターに立ったことについて、論争がネットで吹き荒れているらしく、批判の声も多いようです。

宮脇咲良さんが批判の矢面に立たされているのは、なぜなのでしょうか。

また、前田敦子さん・大島優子さんのほうが、やはりセンターに適任だったのか気になりますね。

そこで、本記事でその真相も探りながら、『君はメロディー』の歌詞の意味、曲調が描く世界観も含めて紹介していきます!

[adsense]

AKB48『君はメロディー』とはどんな楽曲?

かつて『LOVEマシーン』で一気にブレイクし、シャッフルユニットなど、多くのファンの支持を得てきたモーニング娘。

彼女たちですら、長い歴史で浮き沈みがありました。

そのことからも分かる通り、楽観できない厳しい世界であるアイドル戦国時代。

その中で、AKB48は日本国内だけでなく、海外にも派生グループが生まれたりしています。

全くアイドルに精通していなかった人までも、いつの間にかファンになってしまう程、多くのファンから愛されているアイドルグループAKB48。

しかし、そのAKB48ですら、結成当初は劇場の観覧者が、たった七名だった苦い経験もありました。

当時の彼女らを見ると、とても10年続くとは誰も想像できなかったことと思います。

そんなはじめの予想などを覆し、AKB48が大人気アイドルグループとして、10周年を迎えたのです。

メンバーも大きく入れ替わり、新たな船出に立とうとしていく中、メモリアル記念として、これまでのOGたちの一部が1曲限定で復活。

1 2 3 4
ページトップへ