君はメロディーのセンターにピッタリなのは宮脇咲良?前田敦子?

音楽

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
君はメロディー

あくまで、春の季節に聴く爽やかな桜ソングとして、どこか懐かしく、学生時代の思い出を、ふと振り返ってしまうような、そんな曲調なのです。

 

ちなみに、AKB48の桜ソングといえば、筆者がAKB48のファンになるきっかけを与えてくれた

王道の桜ソング『桜の木になろう』や『So long !』

があります。

これらの楽曲は完全なるスローバラードで、思わず涙が流れるようなタイプの曲調の楽曲です。

『君はメロディー』は、これらの桜ソングとちょっとタイプは違います。

年配の人でもスッと馴染めるような、

シンプルで心を暖かくさせてくれるメロディー

になっているので、ゆったりした気持ちで、ぜひ一度聴いてみてください。

 

『君はメロディー』の歌詞の意味と世界観

キミはメロディー

先程は、あくまで曲調を中心に『君はメロディー』の紹介をしていきました。

今度は歌詞についても、その魅力を紹介していきます。

この楽曲の歌詞の大きな特徴はサビにあります。

例えば、

『君はメロディー メロディー 懐かしいハーモニー ハーモニー』

の部分のように、

『メロディー』や『ハーモニー』という歌詞が、

リフレイン(繰り返し)

されているため、より柔らかさが強調され、懐かしさを演出してくれています。

偏見ではありますが、歌詞にリフレインを用いると、アップテンポをより激しく際立たせます。

逆にスローテンポでは、より柔らかく表現する効果があるのだと考えています。

実際に何度も聴いていると、そのように感じられますし、この歌詞の使い方は、一つのテクニックなのだろうと思うのです。

きっと秋元康先生のことですから、その辺りのことはしっかり計算しているのでしょう。

 

さて、肝心の『君はメロディー』の歌詞が描く意味や世界観を見ていきましょう。

この『君はメロディー』の歌詞が描いている情景としては、

春の陽射しや、暖かい風にあたりながら、社会人になった彼が、ふと数年前の学生時代を思い返し、大好きだった片思いの女の子との、

フェイバリットソング

を口ずさみながら懐かしんでいる様子が描かれています。

誰しも恋の一つや二つはしてきていると思います。

でも、初恋がそのまま実って結婚に至ったというケースは、きっとごくわずかの人しかいないと思います。

たいていは、どこかで失恋してしまったり、初恋そのものが片思いで、告白できずに時が過ぎてしまった人もいるでしょう。

この楽曲に出てくる彼は、片思いの彼女に、その想いを告白できずに、卒業と同時にサヨナラを告げているようです。

(というか、単純にクラスメートという関係が消えただけなのかも…)

そして、心のどこかで告白できなかったことへの後悔の念があったり、どこかほろ苦い思い出として捉えている自分がいたり。

そんな彼の心情が上手く描かれているような印象を、歌詞から受けました。

とくに『君はメロディー』2番の歌詞にある、

「君と歩いたセンター街から、通りに抜ける青春に迷って、知らないうちに大人になってた、歌を聞くこともなく」

の部分は、筆者も思わず共感してしまう部分ですね。

友人として、交流を持っていた片思いの女の子に対して、告白ができず、気がついていたら、卒業してバラバラ。

いつの間にか大人になってしまったことも、今となっては懐かしい思い出。

たまたま高校時代の男友達と、一緒の会社に務める偶然があり、その当時の片思いの女の子の話で花を咲かせていたといこともありました。

これが、どこかほろ苦い思い出として、今も記憶に残っています。

『君はメロディー』の歌詞は、そんな

懐かしさ

を与えてくれる歌詞構成となっています。

是非一度、『君はメロディー』の歌詞の意味も噛みしめて、楽曲を聴いてみてください。

きっとどこか懐かしく、春のやさしい風に包まれる余暇のような温かい気持ちを感じることができると思いますよ。

[adsense]

宮脇咲良の『君はメロディー』センター抜擢への批判理由

宮脇咲良

宮脇咲良

宮脇咲良さんが、AKB48グループの中で、

透明感の高いメンバー

であり、それゆえにセンターを任せてみたいと思う秋元康先生の考えや、AKB48メンバーたちが賛成する気持ちは分かる気がします。

しかし一方では、宮脇咲良さんをAKB48の10周年の記念としてリリースする『君はメロディー』のセンターに据えるのは、

おかしな話と批判する声

も挙がっているようです。

その理由は、やはり今回の『君はメロディー』という楽曲が、AKB48にとって特別な楽曲であるからこそだと思われます。

というのも、AKB48結成当時は、秋葉原のAKB48劇場に、たった七人しか観客が来ない状況だったそうです。

全く無名からのスタートだったにも関わらず、現在では、

SKE48、NMB48、HKT48、NGT48、日本全国でAKB48を含め5グループ

と拡大しています。

さらに海外にも注目していくと、SNH48(上海)、JKT48(ジャカルタ)と2グループが活動しています。

今では世界に名だたるアイドルグループと化しているのです。

その礎を最初に築いたのは紛れもなく

AKB48の初期メンバー及び、神セブンとして人気の高かった篠田麻里子(1.5期生)さんや大島優子さん(2期生)たち

の活躍あってのことなのは事実です。

そして、彼女らがいたからこそ、AKB48は10年間も続いてこられたわけです。

そのことを祝福した特別な楽曲が今回の『君はメロディー』であり、この楽曲限定で、卒業生の一部がAKB48に復活しています。

ならば、彼女ら復帰組の中から、センターを選ぶべきだとファンが批判したとしても、それは納得いく話ではあります。

やはり、昔からのコアなAKB48ファンとしては、

あつゆう(前田敦子さん・大島優子さん)のWセンター

を希望していたのではないでしょうか。

きっと、今後は彼女らのWセンターを観ることができないと思います。

AKB48時代から数えても、二人がWセンターを務めたのは、東日本大震災の復興ソングとしてリリースされた『風が吹いている』の1曲のみ。

しかも、この楽曲ですら、一部では、前田敦子さんの単独センターという説もあるのです。

見る人からしてみれば、今回の10周年記念ソングが、

最初で最後のWセンターとなるチャンス

だったわけで、それが崩されたことに納得がいかない話なのでしょう。

確かに宮脇咲良さんが、AKB48の初期メンバーたちと融合する姿を見てみたい気持ちも分からないではないです。

しかし今回は趣旨がまた違います。

AKB48初期の神7を中心に展開してほしいと考える声がどうしても高まってしまいます。

結果として『君はメロディー』では、その声を無視してしまった形となったのです。

1 2 3 4
ページトップへ