柴田阿弥の学歴をチェック!小学校/中学校/高校/大学の出身は?

AKB

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
柴田阿弥


彼女自身、真面目が服を着たような女性と、周囲から言われるほどの努力家です。

だからこそ、なんとか仕事との両立を図ろうと頑張ってきました。

しかし、このミュージカルも含め、スケジュール調整の甘さが露見してしまい、結局学業との両立ができなくなってしまいました。

そして、彼女はミュージカルを降板することに…

さらには、出席日数が足りなくなり、留年を余儀なくされたのです。

・学業と芸能の仕事の両立の難しさ

どうしてもSKE48側として見れば、運営が優先と考えられ、個人の都合を優先し、特別扱いすることは出来ません。

とはいえ、一人の人間としての幸せを考えるのであれば、学業と両立出来るように、サポートしてあげるのも運営側の大事な仕事だと思います。

なので、その辺のところを上手くサポートしてあげてほしかったのですが…

もちろん、運営側も柴田さんから相談を受けてサポートはしていたことと思います。

ただ、スケジュール管理がどうしても上手くいかったのでしょう。

彼女自身、着実と人気も増えアイドルとしても多忙となってしまったために、スケジュール管理も難しくなった…

それは、ある意味嬉しい悲鳴でもあるのですが、なかなかアイドルと学業を両立するのは難しい…

そのことを改めて痛感させられたような気がしますね。

・数多くのトラブルをも全力投球で乗り越えた柴田阿弥

柴田阿弥さんの学歴を振り返ってみると、動機はともかく、どんな状況下においても全力投球してきたことが分かります。

負けず嫌いで信念を持ち続けてきた彼女だからこそ、常に全力で何事にも打ち込んでこられたのでしょう。

どんなピンチでも負けずに頑張り続けてきた柴田さんは、多少留年しても、SKE48の活動との両立を目指して頑張り続けてきました。

まぁ、優先順位はSKE48での活動にあったみたいですが、それでも大学中退だけは避けたのです。

そして、その信念を貫き、2年留年したものの無事卒業…

高校停学のとき同様、またもやピンチを乗り越え一つのいい経験にすることが出来たというわけ。

・柴田阿弥の経験から来る強み

こういった苦境を乗り越えられたことは、一つの自信にも繋がります。

そして、彼女は、その信念を貫き、自分を信じてSKE48を卒業後、フリーアナウンサーへの道を歩み始めています。

もし、苦境を乗り越えた経験がなければ、なんとなく流された生き方をしていたかもしれません。

指原莉乃さんも語っていたように、国民的アイドルとして人気の高いAKB48グループメンバーにとって、グループの存在は大きな後ろ盾。

その後ろ盾を得ずに、別の道にチャレンジしていこうという気持ちは、ある種の自信がなければ出来ないことです。

柴田阿弥さんは、どんなにピンチに陥っても、その都度信念を貫きながらそのピンチを乗り越えてきました。

そのことが、大きな後ろ盾となり、フリーアナ・タレントとしての今を築き上げるきっかけを作ったのでしょう。

やはり、こういった苦しい中で頑張り通せた経験は一つの強みになるのだと、改めて強く感じた次第です。

そして、今後、フリーアナ・タレントとして、ますます彼女らしさを貫きながら、光り輝いていってほしいと活躍を期待しています。

まとめ

元SKE48 メンバーの柴田阿弥さんの学歴を見ていくと、小学校はどこかわからなかったものの、中学・高校・大学と超お嬢様校であることが分かりました。

その学校とは愛知でも有数のお嬢様校である金城学院(中学校・高校・大学)。

ただし、ただ実家が裕福で順風満帆だったわけではありません。

・いじめからの脱却や自分を変えたい一心での受験勉強したこと
・SKE48での活動が学校にバレて停学となり推薦を取り消されたこと

など紆余曲折も経験。

きっと、負けず嫌いで真面目で頑張り屋の彼女だからこそ、フリーアナとしての今もあるのだと思います。

今後ますます、フリーアナ・タレントとして光り輝いてほしいと願っています。

1 2 3 4
ページトップへ