入学式の父親の服装とは?スーツからネクタイやシャツの色や柄まで

入学式

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スーツの男性

もちろん、ド派手な柄やカラー(ゴールドや真紅などのカラーや龍などのキャラクターが施されている柄など…)は、完全にNGです。

ストライプやボーダー・ドット柄は、一般的に普及された柄であり、奇抜で目立つ柄とは大きく異なります。

また渋いワインレッドもそれほど目立つカラーではありませんし、薄いピンクでも奇抜性はあまり感じられません。

それどころか赤系統のカラーとあって、少し温かみも感じられるので、むしろ入学式というフォーマルな場にはふさわしいと思います。

もちろん、必ずこの柄・カラーでなければNGというわけではありません。

あくまで重要なのは、フォーマルな場において、格式が上がらずそれでいて入学式という晴れの舞台にふさわしい色・柄であればOKです。

ここでご紹介した柄・色においても、あくまで参考例としてご紹介しているだけなので、一つの参考としてみてくださいね。

入学式に出席する父親におすすめの靴は?

入学式に出席する父親たちの中には、スーツやシャツ・ネクタイだけ気にして、肝心要の靴に意識が言っていない方もいらっしゃいます。

靴だって、その場にふさわしくないものを選んでしまうと、変に浮いてしまいます。

例えば、フォーマルスーツにスニーカーなど、あまりに不格好極まりないですよね。

靴まで気を配り、全体のコーディネートとして、入学式にふさわしい服装で出席するように心がけましょう。

・実際にどんな靴を履いていけばいいの?

では、実際のところ、どんな靴を履いて子供の入学式に出席するのが好ましいのでしょうか?

ずばり、黒の革靴をおすすめします。

特に入学式に出席する際に、先程、グレーに近い黒のスーツが好ましいとご紹介させていただきました。

この黒系のフォーマルスーツには、一般的に茶系よりも黒系の革靴が似合うと言われています。

そのことを踏まえても、やはり黒の革靴を履いて出席するのが好ましいと思いますよ。

もちろん、これが全てとは言いませんが、少なくとも下駄やスニーカー、またはカジュアルシューズで出席するのは不格好なので止めましょうね。

まとめ

みなさんいかがでしたか?

今回は、父親として出席する入学式にふさわしいスーツ・シャツ・靴のおすすめの柄やカラーをご紹介させていただきました。

ここでご紹介したものは一つの参考としていただければと思いますが、あくまで主役は子どもたちにあります。

それだけに、子供以上に目立ってしまったり、モラルのない格好と思われるような服装で出席するのはNG。

万が一にもその父親の子供と同級生たちに発覚されたら、そのことを理由に、学校生活においていじめに遭うことも考えられます。

それだけに、間違った服装で入学式に出席することだけは避けてあげてくださいね。

1 2 3 4
ページトップへ