船越英一郎と松居一代の離婚まとめ!慰謝料や財産分与がない理由

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
悩む男性

一方、病気でこの世をされれている川島なお美さんにまで、被害が及んでしまいました。

松居一代さんの著書の出版会見の席で、少しでも注目されるようにするために、意図的に、過去の船越さんと川島さんの熱愛を暴露してしまったのです。

それも、川島さんが無くなった約2週間後という、まだ悲しみが消えていない最中での暴露に、世間は唖然とさせられました。

死人に口なしという言葉がありますが、まさか、自身の都合で、亡くなったばかりの人の過去を暴露するなんて…

船越さんもこのことには激怒されたそうですが、松居さんが反省する様子は微塵も見られなかったみたいです。

これらのことはまだ一部に過ぎず、まだまだ挙げたらキリがありません。

これらの、松居一代さんの言動には、船越さんも、正直、頭を悩まされていたことでしょう。

・父:船越英二さんも結婚に大反対していた!!

そういえば、父である船越英二さんが、二人の結婚に大反対されていたという報道もありましたよね。

一部報道で言われていた理由は、バツイチ・子持ち・年上ということを理由に挙げられていたとのことでした。

確かにこれだけが理由なら、一つの差別的偏見と言えますし、それはそれで酷い話だと思います。

結局、船越英一郎さんは船越家と絶縁することとなり、遺産相続も放棄してまで、松居一代さんとの結婚を選びました。

ただ、今となって考えてみると、絶縁を突きつけてまで結婚に反対するほどの、別の要因が船越英二さんにあったような気がします。

そして、その要因こそが、松居一代さんの本性に関わることであったのではないかと、ふと感じてしまうのです。

もちろん、この考えは後付でしかありませんが、少なくとも、先見の目があったのは、父・船越英二さんだったことだけは紛れもない事実。

厳しく言ってしまえば、船越英一郎さんに見る目がなく、松居一代さんに良いように振り回されてしまったといえるでしょう。

そして、家族との縁をも切って結婚したにも関わらず、離婚という最悪の結末をたどることとなったのです。

船越英一郎・松居一代離婚の真相

一時は狂言自殺をしてみたり、またある時は、元夫・船越英一郎さんのプライベートを暴露したりと、何かとお騒がせな女優・松居一代さん。

一方、松居一代さんの暴走行為に振り回され、何かと苦悩することも多かった船越英一郎さん。

あとら考えてみれば、二人の結婚は間違いだったわけで、だからこそ泥沼の離婚劇まで繰り広げてしまったわけですが、一体二人に何があったというのか…

ここで、改めて二人の離婚の原因を探ってみたいと思います。

・離婚劇の発端は(松居一代の)船越英一郎への執着心(嫉妬)

まず、事の発端は、松居一代さんが船越さんに執着しすぎたところから始まります。

仕事上の付き合いだったりちょっとした食事会だったりなどで、異性と触れ合うことはありますよね。

極端な話、男子校・女子校の生徒ですら、異性の講師に教えを請うこともあります。

そのことからも分かるように、まず異性に全く会わないことは不可能です。

ましてや、船越さんは俳優…

二時間サスペンスやその他のドラマなどで、女優と共演することだってありますし、バラエティ番組で女性タレントと共演することもあるでしょう。

その中で、一方的に無愛想な態度をすることもできませんし、当然何かしらの交流を持ち仲良くすることはあって当然です。

しかし、松居一代さんは、そういった船越さんの行動に執着しすぎ、何でもかんでも縛り付け、最終的には、事ある如に浮気疑惑を持ち続けたのです。

・一番味方でいてほしい妻に浮気と騒がれる船越英一郎

一部で報道されていた大宮エリーさんとの浮気報道にしろ、決定的な証拠が揃っているわけでもないのに、勝手に浮気と決めつけ騒ぎ立てた…

これが、芸能誌・報道がやっていることなら、ことの善悪は置いといてまだ理解は出来るのですが、一番中心になっていたのが、松居一代さん本人…

一番信じてほしい人が真っ先に浮気と決めつけ行動していたわけです。

当然というべきか、女性から電話がかかってこようものなら、その内容が何であれ、浮気を疑い激怒してしまう松居さん…

挙句の果てには、自慢げに船越さんから取り上げた携帯を鍋で煮込んでしまうというありさま…

その行為は、もはやストーカーに近い恐怖を感じます。

これだけ縛られていたら、船越さんだって逃げ出したくなりますよね。

・松居一代の奇行は、船越英一郎の身内や故人にまで及んでいた…

これは、先程お話ししていた内容と少し重複する部分がある話ですが、松居一代さんの暴走行為は、船越さんの身内や故人にまで及びます。

では、船越さんが離婚の意思を決定づけたとも言われる、彼の家族や知人・友人を傷つけた、松居一代さんの数々の暴走行為を振り返りましょう。

・船越英一郎さんの父である船越英二さんに対する暴言

これは、結婚を大反対していた船越英一郎さんの父:船越英二さんに対して松居一代さんが言い放ったと言われている暴言。

船越英二さんは、2007年3月17日に、脳梗塞によってこの世を去られていますよね。

今でも、良い俳優を失ったとショックを受けているファンは、たくさんいらっしゃると思います。

しかし、ただ一人、まるで彼の死を喜んでいるかのような、信じられない言葉を言い放った人物がいるというのです。

それが、他でもない松居一代さんだったというのですから驚きですよね。

ちなみに、その言葉とは、

「やっとくたばったかクソジジイ。天罰が当たったんだよ、ざまぁみろ…」

もちろん、これは彼女が船越さんに宛てて、電話で言い放ったと言われている、芸能ニュースで知り得た話に過ぎません。

しかし、もしこれが事実だったとしたら…

そして、船越さんが彼女からこの言葉を聞いていたとしたら…

彼女に対して不信感を露わにするのも分かる気がします。

・絶縁しても、父を忌み嫌っていたわけではない!!

父:船越英二さんとは絶縁と言うかたちになってしまいましたが、決して忌み嫌っていたわけではありません。

もし本当に忌み嫌っているのであれば、父の話をテレビで語るわけがありません。

ただですら絶縁している家族ですから、赤の他人のふりをしてスルーしてしまうのが普通です。

ただ、彼の言動を見る限りそんな素振りは何一つ感じられず、父の振る舞いを懐かしく語る姿がよく見られます。

その様子を見る限り、あくまで松居一代さんとの結婚を反対されたことに対してのみ行き違いがあったにすぎないと思われます。

・父との悲しみの別れの中で言われた耳を疑う言葉

先程も、お話しした通り、父:船越英二さんが亡くなった最中、まるでそのことを喜ぶかのような耳を疑う言葉を、松居一代さんから突きつけられた…

その時の船越英一郎さんの感情は、ある種、殺意にも似たものがあったのではないかと思えてなりません。

それくらい、人としてとても認められないような、とんでもない言葉を投げかけられているわけですから、十分離婚理由には至ります。

・松居一代の暴言は自殺した船越英一郎の妹にも放たれていた

2010年、船越英一郎さんの妹がうつ病にかかり自殺したというニュースを覚えていらっしゃるでしょうか。

彼女は、旅館の女将として働いていた中、責任感の強い彼女は旅館経営や母親の介護などでうつに陥ってしまい自殺してしまったんだとか…

とうぜん、船越さんもそんな妹のことを想い、悲しみに暮れていたと言われていますが、その一方でまたしても松居一代さんの暴言が…

「アイツは私に楯突いていたから、呪い殺してやった…」

本当に耳を疑うような話ですよね。

もしこれが事実だとしたら、船越さんが離婚を決意するのは当たり前だと思いますよ。

・極めつけに川島なお美さんの一件が…

先程もお話しした、川島なお美さんとの熱愛を暴露した一件が、船越さんの我慢の限界をもたらしたなんて話も聞かれます。

詳細は先程お話ししたとおりなので、割愛いたしますが、いずれにしても人として、モラルが感じられない言動を、松居一代さんは取り続けていたのです。

・決定的な離婚のきっかけは子供ある言葉…

船越さんには、松居一代さんと、船越さんの前に婚姻関係にあった男性との間に出来た子供がいます。

その子とは血のつながりはありませんが、実の親子として、一生懸命育ててきました。

受験で失敗した時も全力でサポートし、ようやく就職も決まり自立しようという時に、息子から言われた言葉が、

「お母さんから離れた方がいいんじゃない」
「お母さんがこうなった責任の一端はお父さんにもあるんだよ」

と言った言葉だったそうです。

つまり、息子が言いたかったのは、

「なんでも我慢すること無く、多少ケンカしてもいいから、母が間違いを犯したら止めることも必要だった」

ということではないでしょうか。

・子供の一言で離婚の意思を固めた船越英一郎

何でもかんでも許してくれることでいい気になり、気がついたら暴走が止まらなくなる人はいます。

松居一代さんは、船越さんの優しさに甘え、やりたい放題していたのかもしれませんね。

そのことをちゃんと見ていた息子から指摘され、船越さんの心に突き刺さったのかもしれません。

そして、船越さんは松居一代さんと距離を起き、離婚の意思を固めたのです。

以上が、船越さん・松居さんの大きな離婚理由と考えられます。

・あくまで離婚理由は船越英一郎が突きつけた三行半

一部報道では、まるで松居一代さんが資産を守り、船越さんに離婚を突きつけたような言い方をされているみたいですが、実際は全然違います。

確かに慰謝料及び財産分与なしで離婚と言うかたちで二人の離婚は成立しました。

ただし、離婚を切り出したのは、あくまで船越さんサイドであり、松居一代さんは、当初

「離婚はしない!!」

1 2 3 4
ページトップへ