セカイノオワリ深瀬が作詞の歌詞ドラゴンナイトの本当の意味とは?

セカイノオワリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
セカイノオワリ


SEKAI NO OWARI(セカイノオワリ)の代表曲としても人気の高い『Dragon Night』は、歌詞も独特で、冒頭から『今宵は百万年に一度太陽が沈んで夜が訪れる日』とスケールの大きいフレーズで始まり、まさに幻想的な音楽として奏でられています。

ハスキーボイスの深瀬慧の歌声と重なり、まさにセカオワワールド満載の楽曲として多くのファンを魅了してくれることでしょう。

ところで、このDragon Nightの歌詞としても登場する『ドラゴンナイト』というフレーズにはどんな意味があるのでしょうか?

なんとなく楽曲のメロディや雰囲気で聴いていた人もいるでしょうし、改めて考えてみると不思議に思う歌詞なので、一体どんな意味が込められているのか気になります。

今回、当記事では、その意味を探っていきます!

[adsense]

セカイノオワリ『Dragon Night』の歌詞に隠された意味は?

TREE

セカイノオワリの楽曲は、いずれもファンタジックな楽曲で、曲調を聴いているだけでも凄く癒やされるイメージが強いですよね。

特に、代表曲の一つでもある『Dragon Night』は、その歌い方も独特で、MVなどを見ていると無線機のようなものをマイク代わりにして歌っているため、他に類を見ないセカイノオワリ独特の雰囲気を存分に演出しているとして、多くのファンから注目されています。

Twitterなどの掲示板でも、この歌い方が好きという意見を多く見かけます。

さて、Dragon Nightの歌詞を見ていくと、実は壮大な意味が隠されていることに気付かされます。

ある意味戦争を止めようと警告しているかのような歌詞にも聞こえます。

冒頭の『今宵は百万年に一度太陽が沈んで夜が訪れる日』というのも、最初は全く意味が分からなかったのですが、この歌詞の意味をよく考えてみると、全く異なる文化・考え方を持っていても時には争いごとを止めようと呼びかけていることが読み取れます。

1 2 3
ページトップへ