セカイノオワリ深瀬が作詞の歌詞ドラゴンナイトの本当の意味とは?

セカイノオワリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
セカイノオワリ

全くドラゴンナイトの意味がわからなかった人や、歌詞を意識していなかった人、歌詞の意味を把握しながら聴いている人など、様々な人がいらっしゃると思いますが、この歌詞について、Twitterなどでは、どのような反応があるのでしょうか?気になりますよね。

いろいろと調べてみると、一部では『偽善ぶっている』『歌詞がぶっ飛んでいる』など、否定的な意見があるものの、『正義の部分は嫌いじゃない』と多くのファンが賛同している様子が伺えます。

誰しも争い事は好きではないと思いますし、本当は戦争だって直ちに無くしたいと思っているのだと感じることも出来、まだまだ世の中捨てたものではないと気づけたような気がしますね。

 

まとめ

セカイノオワリの楽曲『Dragon Night』は、様々な考え・文化を持つ人々とも、争ってばかりではなく、時にはお互いの考え・文化を共有しあおうよと投げかけている曲であると、歌詞から読み取れます。

この中でも特に気になる謎のワード『ドラゴンナイト』は、『太陽の無い夜が来る』という珍しい現象が起こる惑星のことを指し、Dragon Nightは、そんな場所で生活している異端的な人々?とも仲良くしていこうよというような意味が込められた素晴らしい楽曲なのです。

確かに偽善や綺麗事と言われたら、それまでかもしれませんが、考え方や文化を共有しあうことが出来れば、地球上で戦争なんて起こらないはずです。

ぜひ、一人でも多くの人が、セカイノオワリの『Dragon Night』を聴いて、その事を少しでも考え、戦争が無くなる地球へと生まれ変わることを心から願っています。

 

1 2 3
ページトップへ