仮面ライダー1号の映画キャストを紹介!立花藤兵衛って誰?

仮面ライダー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


その点に注目したいところですね。

総理大臣役:横光克彦

横光克彦

今回、国規模でノバショッカーに襲われてしまうわけですが、その重要なキーパーソンとも言える総理大臣を演じたのが横光克彦さんです。

実は、横光克彦さんは、衆議院議員として実際に政治の場で活躍し、環境副大臣を務めたこともあったそうです。

そんな人物だからこそ、総理大臣役にピッタリと起用が決まったのではないでしょうか。

総理大臣経験は無いとしても環境大臣として内閣に携わった経験があるからこそわかるものもあると思います。

実際に映画「シン・ゴジラ」では、まさに環境大臣役を務めた経験もあるみたい…

なお、「藤岡弘、」さんとは、特捜最前線での共演を気に交流を深めた間柄なんだとか…

藤岡さんのことを

「藤岡ちゃん」

と呼んでいるくらいですから、相当、仲も良いのでしょう。

そんな縁の深い横光さんが、どのような演技を見せてくれているのか、まだご覧になっていない方は、ぜひ、注目してご覧になってみてくださいね。

以上が、映画「仮面ライダー1号」で登場するオリジナルキャラクターです。

ただ、最後に、多くのファンが思い入れのある、地獄大使をご紹介しておきたいと思います。

地獄大使役:大杉漣

地獄大使

映画「仮面ライダー1号」でショッカー達の目論見として、復活したキャラクターだったのが、地獄大使というキャラクターでした。

この役には、生前、バイプレーヤーとしてその名を馳せ、バラエティでもおちゃめな一面を見せ人気者だった、俳優・大杉漣さんが演じています。

今回、時を超えて復活したわけですが、もともと、大杉さんはこの役をやりたがっていたらしくオファーの声に、

「はい、やります」

と、即答されていたそうです。

7年の時を経て復活した、大杉漣さんの地獄大使。

本作では、地獄大使にも見せ場があるので、必見です!

映画「仮面ライダー1号」は、個性的なキャラ・キャストばかり…

ここまで、映画「仮面ライダー1号」に登場する主なキャラクター・キャストをご紹介してきましたが、本当に魅力あふれるキャラ・キャストばかり…

規模も大きく、特撮戦隊モノが好きなファンにはたまらない一作になっています。

まだ、観ていないという方は、DVDなどで、一度ご覧になってみてくださいね。

名前だけ登場する立花藤兵衛とは誰?

立花藤兵衛

さて、最後に、立花藤兵衛のことにも触れておきたいと思います。

このキャラクターは、仮面ライダー初代(藤岡弘、さんが主演の頃)から登場していた、昭和ライダーたちの父親的存在とも言えるキャラクターです。

立花レーシングチームのオーナーだった藤兵衛は、本郷猛(仮面ライダー1号)のオートレースの師に当たる存在。

その後もオートレースのオーナーとして度々続編に携わり、まさに昭和ライダーの親父的存在でした。

多くのライダーたちから慕われ、いつしか「おやっさん」と慕われるようになったキャラクター。

番組を超えて慕われていた立花藤兵衛(おやっさん)

その慕われ方は、単純に、仮面ライダーの枠を飛び越え、「みなさんのおかげでした」で放送された仮面ノリダーでも慕われています。

晩年ではありましたが、熱いスタッフの要望の声を聞き届け、立花藤兵衛役を演じていた小林昭二さんがなんとか出演に応じてくれたという話も…

それほど、多くの人達の思い入れのキャラクターでもあるわけです。

性格は完全なる昭和の親父

性格的にも厳しくもあり暖かくもあった、まさに昭和の親父像そのものを映したキャラクターです。

残念ながら、小林昭二さんはすでに亡くなられているので、昔の作品でしか二度と藤兵衛を見ることはできません。

ただ、一般人でありながら、戦闘員レベルなたら倒してしまう護身術など、孫の麻由に受け継がれている部分がたくさんあります。

当初は彼女を守ることのみに執着し、本郷も彼女とデートでもするかのように、全く戦闘のない暮らしを送っていました。

しかし、彼女自身が、拉致されたことをきっかけに戦闘を避けることができなくなった…

その辺から、祖父・藤兵衛の残像が、麻由を通じて観られるかと思います。

ぜひ、その辺を感じながら、本作品を観ていただければと思う次第です。

まとめ

さて、映画『仮面ライダー1号』の出演キャストを紹介させていただきました。

昭和の時代を懐かしむライダーファンも、平成の時代で生きるライダーファンたちも、どちらのファンも受け入れてくれるようなキャストが揃った…

まさにそんな印象を受ける陣容と言えるでしょう。

各キャストそれぞれの個性が反映されたキャスティングですし、特に昭和ライダーのファンは、立花藤兵衛が写真で登場するだけでも感慨深いです。

まさに、本郷猛役を演じてた「藤岡弘、」さんの想いもたくさん詰まった作品なので、その節々を感じながらぜひ、一度ご覧になってみてくださいね。

1 2 3 4
ページトップへ