佐藤亜美菜の現在とAKB48卒業理由とは?アニメ声優の評価を考察!

AKB

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
佐藤 eye


筆者もいろんなサイトを通じて彼女のことを調べてみると、声優としての仕事として、真っ先に挙がってくるのがアイドルマスターでした。

チョイ役であろうが役名がある中で、代名詞とも言えるキャラクターが存在していることは実に素晴らしいことです。

今後も、声優として多くの作品で活躍していく佐藤亜美菜さんの姿を見せてほしいと期待しています。

 

佐藤亜美菜のAKB48卒業理由とは?

佐藤亜美菜の卒業

AKB48時代はアイドルになることが終着駅と考えていたために、運営側との折り合いがつかず、冷遇を受け続けてきた佐藤亜美菜さん。

そのため、選抜総選挙では一次選抜入りを果たすも、気がつけば一部のファンを除いて、ほぼ無名状態が続いていた中で卒業となりました。

さらには、スキャンダルによって、完全に干されてしまった変な噂も流れていたようです。

確かに、たびたびスキャンダルは起こしていたのかもしれません。

しかし、もしそれで干されてしまったのだとしたら、既に声優としての活動もできずに芸能界を引退していたはずです。

そういった動きがなく、声優として活動していたということは、そこまで大きな問題ではなかったということなのだと思います。

やはり、有力な卒業理由は、アイドルになることそのものが、佐藤亜美菜さんにとっての終着駅だったためでしょうか。

あまり固執することなく、AKB48時代に見つかったやりたいこと(声優としての仕事)に対して前向きになり、卒業を決めたのでしょう。

彼女にとって運命を決めた、アニメ『AKB0048』の出演とラジオ番組『オールナイトニッポン』の出演が、

声優としての仕事の面白さ

に気づかせ、転向を決意させるきっかけになった…。

筆者の見解としては、そのように感じています。

まぁ、AKB48に所属したままでは、声優としての仕事にも制限が加えられてしまいます。

何よりも佐藤亜美菜さんの場合、背中を押してくれるわけではなく、冷遇を受け続けるだけですので、卒業を決めるのは妥当な判断と言えるでしょう。

実際にAKB48という後ろ盾がなくとも、特徴的なアニメ声に加え、『オールナイトニッポン』で鍛えられたトークスキルを持っているのです。

アニメ声優はもちろんのこと、ナレーションなど声の仕事の需要が高まり活躍も十分見込めます。

佐藤亜美菜さんも『AKB0048』の出演などをきっかけに声優としての自信を持つことができたみたいです。

念願のラジオのパーソナリティにも就くことができました。

新たにできた自身の夢を膨らませていく過程の中で、2014年5月にAKB48卒業したのでしょうね。

 

それにしてもAKB48を卒業後、完全に芸能界を干されたかのように姿が見られなくなってしまった元メンバーが多いのです。

よく勇気を持ってAKB48卒業を決断できましたね。

秋元才加さん、川栄李奈さんのように、AKB48時代に選抜総選挙で神セブンどころか、

一桁順位すら獲れなかった元メンバーたち

が、卒業後、それぞれの道で大成功を収めているケースはいくつかあり、佐藤亜美菜さんもその一つ。

とはいえ、成功ケースはどちらかと言うとレアケースです。

たいていが不遇の時代に逆戻りしてしまうパターンが多いようです。

それだけに、佐藤亜美菜さん自身、AKB48卒業を決めるのは、勇気がいることであることには違いありません。

しかし、いつまでもアイドルでいられないのも一つの事実です。

秋元才加さんのAKB48卒業時のコメントにも表れているように、必ず誰しも卒業時期を考える時がやってきます。

そして、自身の夢を叶えていくために、新たな世界へと飛び込む勇気が時には必要となってくるわけです。

佐藤亜美菜さんが勇気を持ってAKB48を卒業し、声優への道へ本格的に進んでいくタイミングが、2014年5月に訪れた…。

そのことが、人生をも大きく変える転機となったわけです。

もちろん、まだ声優としての認知度は高いというわけではなく、まだまだ伸びしろが大きい中での活動にあることは否めません。

ただ、先程もお話しした通り、声優としての仕事はAKB48のような華やかな世界ではなく、ほとんどが名前を知られずにスルーされる場合が多いです。

最近はアイドル級の扱いを受けて、顔の露出のある番組への出演が増えているため、アニメファンを筆頭に顔が知られている声優が増えています。

それでも本当に知名度の高い声優はごく一部に限られた話です。

たいていは、顔と名前が一致しないというのが実情です。

アニメ『タッチ』の上杉達也役を演じ爆発的に人気となった声優・三ツ矢雄二さんや、同じく『北斗の拳』のケンシロウを演じた神谷明さん。

彼らも、これらの人気キャラクターがあって、知名度を上げたに過ぎません。

三ツ矢雄二(左)、神谷明(右)

三ツ矢雄二(左)、神谷明(右)

あくまで縁の下の力持ちであり、キャラクターに声という息吹を与えられてこそ、声優としての真価を発揮すると言っても過言ではないでしょう。

アイドルという華やかな世界では、ファンの支持と裏腹に、脚光を浴びることができなかった佐藤亜美菜さんでした。

果たして、今後声優として知名度を向上させ大活躍することができるのか…。

重要なのは、『橘ありす』のように、佐藤亜美菜さんの代名詞と言えるキャラクターをどれだけ作り上げられるか。

これが、今後の彼女の声優人生を大きく左右させるポイントとなるでしょうね。

変な噂はありますが、声優として本格的に活動していくために卒業を決めたことが、佐藤亜美菜さんがAKB48を卒業した本当の理由であると信じています。

今後における佐藤亜美菜さんの声優としての活動に注目し続けたいと思う次第です。

[adsense]

佐藤亜美菜のアニメ声優としての評価は?

AKB48を卒業し、声優としての道を歩んでいる元メンバーの佐藤亜美菜さん。

彼女の露出が少ないこともあり、活躍していることは分かっても、実際の評価が分からず気になるところですよね。

そこで、実際に声優としての佐藤亜美菜さんの評価を調べてみました。

 

すると、AKB48時代にはスキャンダルなどがたびたび起こり、一部のアンチからかなりバッシングを受けていた彼女が、

アイドルマスターの『橘ありす』を演じ状況を一転させた

という話が伺えました。

先程もお話したように、橘ありすは、佐藤亜美菜さんの代名詞となるキャラクターです。

1 2 3 4
ページトップへ