医療費控除(確定申告)の計算方法をチェック!必ず還付を受けよう!

確定申告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
税務署


源泉徴収で、前もって税金を納めている方は、差額分が還元されるので、必ず確定申告で医療費控除申請をしておきましょう。

ちなみに、下図が、医療費控除前と控除後のイメージ図となります。

医療費控除で返ってくる金額

この図を観ていただけたら分かる通り、僅かな額を控除してもらうだけ、と確定申告せずにスルーしてしまうと、結局次回の税金額も減額されずにダブルで損をすることになります。

間違っても医療費控除の申請をしないということは、絶対に止めましょう。

医療費控除は、税制度における国民の権利です。

しっかり主張するところは主張し、正しく医療費控除を受けるようにしましょう。

 

まとめ

あまり病院にかかっていない方も、意外な形で薬局のお世話になっていたり、配偶者などが病院のお世話になっていたりと、それなりに医療費がかかっていたりするものです。

本来ならば、医療費控除を受けられたはずなのに、その事に気が付かずにスルーしてしまう…。

ただ単に税金だけを払うこととなり、大損してしまう可能性もあります。

税金を払うことは義務ですが、私達の暮らしは私達で守るしか道はないのかもしれません。

無駄な税金を払う前に、しっかり医療費控除を受けて、賢く節税するようにしましょう。

ちなみに、税務署に行く時間がない方は、こちらから申告書のダウンロードやパソコンでの申告書作成できます。

書面提出を選んで作成すればカードリーダー等も不要です!

1 2 3 4
ページトップへ