林真理子の書籍(エッセイや小説)のおすすめ本を紹介!新刊はいつ?

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
林真理子 eye


そのことの是非は置いといて、ある意味作家としては、羨ましい性格をしていると思うのが率直なところでしょう。

 

これは、かつて林真理子さんが、『NHKスタジオパークからこんにちは』に出演していた際の出来事です。

当時、彼女はある男性に対して、人種差別のような発言をしていたのです。

その男性が良い育ちでありながらもフリーターという状況下であるために、

『ヤンキーみたいな低俗な女性と婚約する』

と言ってしまうのです。

これ以上は、さすがに名誉毀損に関わってしまいますし、何年も前の話なので割愛します。

ヤンキー(レディース)が、『悪』というような物の見方をしていることがわかります。

『フリーターだから低俗な異性と結婚してしまう』

という考え方も差別的です。

これには、ファンも驚きを隠せないのが率直なところです。

そして、この手の発言があまりにも多いことから、ネットでは林真理子さんは傲慢・高飛車な性格の作家と言われているわけです。

ただ、この手のタイプの作家が成功するのは、社会に対して不平不満を言いたくても言えない社会の風潮が成功に導いているのでしょう。

 

林真理子のおすすめの書籍(エッセイや小説)

傲慢さを持ち、妬み嫉みも平気でぶちまけられるタイプの女性作家であるために、一部のファンから絶大な支持を受けている作家・林真理子さん。

昼ドラ系(現在は、大人の土ドラ枠)のドラマのようにドロドロしたタイプのドラマが女性ファンを中心に受け入れられています。

それとおなじように、林真理子さんのエッセイ・小説は、作品としては多くのファンから受け入れられています。

では、具体的にどんな書籍(エッセイや小説)が受け入れられているのか。

1 2 3 4
ページトップへ