アンチエイジング美容法!吉田羊の肌の手入れやメイクの仕方を考察

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その後も、

『コウノドリ』、『ドS刑事』、『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』

など、主役・脇役関わらず、多くのドラマ・映画作品で、存在感を大きく見せ、世の男性たちを魅了するほどの美しさを誇っていますよね。

その輝きはますます高まり、多くのアラフォー・アラフィフ女性からも、吉田羊さんが憧れの対象となっているのではないかと思えます。

 

それにしても、既に写真週刊誌などで43歳と年齢も明らかにされている彼女が、なぜ、ここまで美しく美魔女でいられるのでしょうか?

当然、アンチエイジングの美容法の秘訣があるはず…。

そこで吉田羊さんの美容法を調べてみると、まさに目からウロコの秘訣が判明しました。

何よりも彼女が心がけていることは、

肌の手入れをしすぎないこと

というのです。

あくまで手入れしているのは、

日焼け対策と化粧水による保湿対策のみ

というのですから、本当に驚きですよね。

普通だったら、あれこれ手を加えて、『魔法をかけた』と錯覚させるような大きな秘訣があるものと考えがちですが、それが大きな間違い!!

吉田羊さんの肌の手入れは、

必要最小限に留めること

が最大の秘訣だったわけです。

とはいえ、それは肌の手入れの部分に限ることで、食生活の改善やリラックス法などでは、色々改善しているそうです。

例えば、食生活の改善に関しては、食べすぎないことはもちろんですが、

頭寒足熱

を意識し、あまり身体を冷やすような食べ物を多く摂りすぎないように心がけているんだとか…

また、半身浴なども行い、冷え性・むくみ対策も施している話も聞きます。

このように吉田羊さんは、直接肌を大きくいじってしまうことはないようなのです。

できる限り自然体でありながらも、肌に良くないストレスや環境の大きな変化に影響を受けないようなアンチエイジング美容法を取り入れているのです。

まぁ、半身浴をすることでリラックスできるだけでなく、血の巡りだって良くなることが期待されるわけです。

 

また、一方では、洗顔もぬるま湯で行い、できるだけ肌に刺激を与えないよう心がけています。

吉田羊さんは敏感肌ということで、肌を乾燥させないために、こまめに化粧水を使い、保湿対策もバッチリ!

こういった、シンプルだけど細かい肌への気配りが、アンチエイジング(美魔女)効果につながっているのでしょう。

 

実にシンプルなアンチエイジング美容法です。

それで、あれだけの美を手に入れているわけですから、みなさんも一度試してみてはいかがでしょうか。

もちろん、効果には個人差があるわけですし、必ず美魔女になれるという保証はできません。

ただ、吉田羊さんのアンチエイジング美容法は、それほど難しい方法ではありませんし、試してみる価値は十分あると思いますよ。

[adsense]

吉田羊の化粧品(コスメ)選びもシンプル!

先程、吉田羊さんの肌の手入れ法は実にシンプルで、

  • 冷え性・むくみ対策として、食事や体質改善を含めた生活管理の徹底
  • 日焼け防止・保水対策

を心がけているだけとお話ししましたが、化粧品(コスメ)選びも実にシンプルでした。

具体的に、どのメーカーのどの化粧品(コスメ)を愛用しているかは、わかっていません。

ただ、吉田羊さんがプライベートで使っている中心の化粧品(コスメ)は、

UVクリームとパウダーファンデーションが中心

ということがわかりました。

何よりも、吉田羊さんが化粧品(コスメ)選びで気を配っていることは、極力肌に負担をかけないことです。

外出時の日焼け対策や、肌荒れ・シミ・ソバカスを防ぐタイプの化粧品(コスメ)であるかどうかを重要視して、化粧品(コスメ)選びをしているみたいです。

そのため、日焼け対策としてUVクリームを軽く塗る程度に抑えつつ、ファンデーションも、パウダータイプのものを使うよう心がけているそうです。

ちなみに、このパウダーファンデーションも紫外線を防ぎ、シミ・そばかすの発生を防ぐ効果が期待されるらしく、

肌への負荷も少ない

ため、非常に重宝しているとか。

もちろん、吉田羊さんが現在出演している化粧品メーカー・花王ソフィーナの化粧品『オープチュクール』は、CM出演時に使用しています。

しかしそれは仕事上での話で、いつも愛用しているわけではありません。

CM出演中に別の化粧品(コスメ)を使っていたら、それこそイメージを壊すことになりかねませんし、そこは仕事と割り切っています。

それ以外は、できる限り自然体でいられるように、日焼け防止を心がける化粧品(コスメ)を選んで愛用しています。

 

メイクなどで肌をこすりすぎることで、肌荒れやシミ・ソバカスができやすくなると医学的にも言われていますよね。

吉田羊さんのコスメ選びは、その観点からも理にかなっていることが言えます。

なお、肌の色感がよく、刺激が少ない化粧品(コスメ)を選んでいるのはもちろんですが、洗顔した時に落ちやすいことを考慮し、パウダーファンデーションを愛用しているようですよ。

もう少し掘り下げてお話すると、吉田羊さんは、洗顔時にもあまり刺激を与えないように心がけていて、ぬるま湯で洗顔しています。

それで当然、化粧品(コスメ)選びにも、このことを考慮した上で選んでいるわけ。

リキッドやクリームタイプの化粧品(コスメ)では、どうしても油分が含まれてしまいます。

それを洗顔だけで落とすことは難しく、クレンジングなどを用いて、肌にこすりつけ、肌に負荷をかけないとメイクが落とせないこともあります。

そういう意味合いでも、パウダーファンデーションを化粧品(コスメ)の一つに用いることは、賢いチョイスとなるでしょう。

間違っても、クレンジングを使わないと落ちづらい化粧品(コスメ)を使ったり、ファンデーションを厚塗した上にチークを濃く重ね塗りするなど、

あれこれテコ入れするのは、ただ肌に負担をかけるだけ

なので絶対にNGです。

厚塗りしすぎると、初めてメイクをする女の子が、意味もわからず厚塗りメイクして不格好に見えてしまう不細工メイクになってしまいます。

それは、ますますアンチエイジングからかけ離れるだけ!!

化粧品(コスメ)選びの際には、

『クレンジング不要』

『洗顔料だけで落とせます』

と明記されているか確認した上で選ぶようにしましょう。

また、どんなに厚塗りしてメイクしたとしても、肌に負担がかかってしまったら、その時点で

肌荒れやシミ・そばかすができてしまい、ますます肌が劣化してしまうだけ

なので、肌に負担がかかりづらいものを選ぶように心がけましょう。

 

1 2 3 4
ページトップへ