川栄李奈のドラマでの演技力・女優としての評価が高い理由とは?

AKB

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


元AKB48で現在は女優として舞台やドラマ、映画、テレビCMなどに引っ張りだこの川栄李奈。

様々な役柄を演じている彼女の演技力は高いと視聴者だけでなく、芸能界からも絶賛されています。

本記事では、元AKB48メンバーとしてではなく、女優・川栄李奈としての、彼女の演技力やドラマでの評価を探っていきます!

女優へ転身して大きな飛躍を遂げた川栄李奈

AKB48時代はおバカキャラとして一気にブレイクし、2014年選抜総選挙では16位にランクイン。

現在は女優業に奮闘している彼女ですが、演技力が各方面で絶賛されているのです。

@rina_kawaei.official)さんの投稿

女優として転身し、川栄李奈が大きな評価を得られるようになったきっかけは、

  • ドラマ『早子先生、結婚するって本当ですか?』
  • NHK朝ドラ『とと姉ちゃん』
  • 舞台『AZUMI 幕末編』

の3作品に出演したこと。

ドラマ『早子先生、結婚するって本当ですか?』では、松下奈緒演じる立木早子の妹で、結婚し名古屋で生活している女性・守山風子という、どこにでもいる等身大の既婚者女性を演じていました。

時には妹として、時には既婚者の先輩として、姉・早子の恋愛相談に乗ったりと、本当にどこにでもいそうな女性キャラをリアルに演じています。

一方、NHK朝ドラ『とと姉ちゃん』で演じた森田富江は、仕出し屋の一人娘で感情をあまり表に出さないタイプの女性

そして家庭の事情で学校には通えず、制服に憧れを持っているキャラクターという難しい役柄でした。

@rina_kawaei.official)さんの投稿

舞台『AZUMI 幕末編』では、普段はクールでぶっきらぼうな性格に見えつつも、情に厚く、優しさも兼ね備えている女剣客という、かなり難易度の高い役を演じています。

1 2 3 4
ページトップへ