名探偵コナン純黒の悪夢(ナイトメア)のあらすじ~結末までネタバレ

アニメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コナン eye


現在、週刊少年サンデーで連載中の漫画で、大人から子供まで世代を超えて支持され続けている漫画『名探偵コナン』。

その漫画を原作に用いたアニメ映画『劇場版名探偵コナン』シリーズも既に21作目。

実に、時代の流れを感じます。

映画『劇場版名探偵コナン』シリーズの20周年メモリアル記念として、2016年に公開された映画『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』。

これまでのコナンシリーズの大きな転換期を迎える大作として、

黒の組織との全面対決

が描かれていましたね。

そこで、改めてこの『純黒の悪夢(ナイトメア)』を振り返り、あらすじや結末ネタバレを紹介していきます!

[adsense]

名探偵コナンを大転換させた『純黒の悪夢』

コナン

 

『劇場版名探偵コナン』シリーズで、大きな転換を迎えた作品といえば『純黒の悪夢』です。

この『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』は、『から紅の恋歌』の前年(2016年)に公開された

劇場版名探偵コナン20周年記念作品

としても注目され、一つの大転換を迎えていましたよね。

これまで全く謎とされてきた、黒の組織の全容の一部が見えてきた作品でもあります。

正体こそわからないものの、

黒の組織のNo.2と称されるラム

の存在が浮き彫りにされたりもします。

今後の展開にも大きく影響をもたらす作品だったと改めて感じさせられます。

もちろん、大きな転換といっても、急にコナン映画が終焉を告げるわけではありません。

また、毎年GW前後に劇場版が公開されるスケジュールが変わることもありません。

子供から大人まで楽しみにしているアニメ映画『名探偵コナン』シリーズは、まだまだ続いていきます。

ただ、これまで黒の組織に属しながら、スパイ的な動向が見られ、謎の部分も多く見られる

1 2 3 4
ページトップへ