千羽鶴の由来や意味を紹介!送られて迷惑という意見の理由とは?

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
千羽鶴


大きな願い事を叶えるため、願掛けの一種として、縁起が良いとされる折り鶴に、願いを込めて贈られる千羽鶴。

重い病気を抱えている人や、災害など不慮の事故で苦しんでいる人に対して、千羽鶴を贈っているシーンを目にしますよね。

しかし意外にも千羽鶴が嫌われている話もあり、中にははっきりと

「迷惑」

「偽善」

と言っていたり、せっかく千羽鶴を贈ってくれた人をバッシングする声もあるそうです。

本当にただ救われて欲しい一心で、まごころを込めて千羽鶴を贈っているのに、迷惑なんて悲しい話ですよね。

本記事では、千羽鶴の由来や意味を探りながら、なぜここまで千羽鶴に対して批判的な意見が出てしまうのか。

その愕然となる背景、それに対する反対側の意見をぶつけさせていただきます!

[adsense]

状況に応じて嫌われる千羽鶴

千羽鶴

千羽鶴

みなさんは、千羽鶴がどういうところで見られるか知っていますか?

「そんなこと知っている!」

と、叱責を受けるかもしれません。

ただ、千羽鶴が嫌われている話を聞くことで、意外と千羽鶴が折られる理由や由来を知らない人がいるのでは?と思うのです。

千羽鶴は、大病を患った人が、

病気を克服できるように贈ってもらったり、震災などの被害者が、

「早く復興できるよう頑張ってね!」

という願いを込めて贈ってもらう

イメージを持っている人が多いかと思います。

しかし、

「千羽鶴を贈ってもらっても、何の役に立たないゴミみたいな存在」

と言われてしまうのです。

また、

「変に同情されて、惨めで悲しい」

と迷惑がっている人もいるそうです。

1 2 3 4
ページトップへ