千羽鶴の由来や意味を紹介!送られて迷惑という意見の理由とは?

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
千羽鶴

「鶴は千年、亀は万年」

の故事・ことわざになぞらえて、少しでも長生きしたい長寿の願いから、千羽鶴が折られるようになっていったそうです。

つまり千羽鶴というよりも、折り鶴そのものを

長寿のシンボル

として捉え、

鶴を折ること = 少しでも長く生きられること

と考えられていたのでしょう。

まだ当時は、医療技術が進歩していないことから、結核や脚気などが不治の病とされていました。

江戸時代では、子供が順調に成長し、大人になることができないことも珍しくありません。

そして、最近の研究では、江戸時代の平均寿命もだいたい30~40歳と、かなり短命とされているそうです。

「鶴を折ることで長生きできる」

と江戸の庶民が考えてしまうほど、鶴は長寿のシンボルとして縁起の良い生き物だったのです。

だからこそ、千羽鶴を折って、子供たちが少しでも長く幸せに生きていって欲しいと、祈願されていたのかもしれませんね。

 

そして、第二次大戦中のことです。

戦地に出征していく兵士には、母や妻たちから『千人針』が贈られることが、しばしばありました。

千人針とは、

千人の女性から一針ずつ縫い目を入れてもらった布

で、一種の寄せ書きに似たものですね。

これには戦地に赴く兵士への生還の願いがこめられているのです。

その点では、千羽鶴とも一脈相通ずるところがあります。

しかし、千人針にしろ千羽鶴にしろ、相当な手間がかかります。

逆に見れば

暗黙の内に相手に最後の時期を告げる

と受け取ることさえできます。

そして、この千羽鶴は、ある人物によって非核・平和のシンボルとして、広島の原爆ドームに贈られるようになります。

みなさんは、『原爆の子の像』のモデルが誰なのか知っていますか?

原爆の子の像と平和の象徴として飾られた千羽鶴

原爆の子の像と平和の象徴として飾られた千羽鶴

おそらく現地である広島の人以外は、ほとんど知らないかと思います。

その人物とは、佐々木貞子さん。

彼女は2歳の時に、広島の原爆で被爆。

12歳で急性白血病と診断され、9ヶ月の闘病生活の末、この世を去りました。

戦争が原因で原爆を被爆し、その結果、生きることを奪われたことは、きっと悔しかったことと思います。

しかし、佐々木貞子さんは

「鶴を千羽折ると願いが叶う」

と信じ、夜も眠らず、

「生きたい」

と願いを込めながら、薬の包み紙などで鶴を折り続けたそうです。

12歳といえば、まだ中学生(現在で言うところの…)にも満たない子供です。

そんな子供が、1日でも長く生きたいと、

白血病と闘いながら、その中で夜も眠らず、必死の思いで鶴を折っていた

なんて、そんな悲しい話はそうそうありません。

その気持ちは、国内外の人たちの心に響き、佐々木貞子さんが亡くなった後に、

『広島平和を築く児童生徒の会』

が発足され、国内外から多額の募金が寄せられたそうです。

そして、その募金によって、

1953年5月5日(こどもの日)

に、『原爆の子の像』が作られ、広島の平和のシンボルとして立ち続けています。

その『原爆の子の像』には、今もたくさんの千羽鶴が贈られているそうです。

しかし、この『原爆の子の像』には色々な問題が発生しています。

国内外から届く折り鶴の量は、

年間約1,000万羽、重さにして10トン以上

とのことなのです。

そしてその償却費用が

年間約1億円!

という膨大な金額になっているそうです。

それだけではありません。

秋葉忠利元広島市長が千羽鶴の永久保存を訴えて、2002年から千羽鶴の焼却をストップしてしまったのです。

永久保存の設備や費用は大変な額になり、広島市の財政を圧迫しているとも言われていました。

その後2011年になって、新市長は永久保存をやめ、再利用のアイデアを公募したのです。

広島市では、この千羽鶴の再利用法を考えているようですが、これといった効果的な再利用法はなかなか見つかっていません。

千羽鶴に対する意見は賛否両論

千羽鶴には、少しでも長生きして欲しい、または震災や人災・災害などで被害に遭わず、幸せな人生を歩んで欲しい願いが込められています。

しかし一部では、

「意味や由来にあったそんな気持ちなんてどうでもいい」

「千羽鶴を贈られても迷惑なだけだ」

と切り捨てる人もいるようです。

実は、先日発生した熊本・大分に被害が及んだ大震災で、

「千羽鶴を贈られて非常に迷惑で、偽善の押し売り(または売名行為)である」

と、クレームが飛び交い、Twitterなどで千羽鶴の物議が生まれていました。

そのことはさっそくながら、論争の発端となり、

「だったら、熊本・大分に一切の支援をしなければいい!」

という人まで現れてしまったほどです。

確かに、どちらの言い分もわからなくはありません。

被災して住む場所もなく、学校の体育館などで寝泊まりしている状況下で、明日をどうにかしなければならない…。

そんな時に千羽鶴が贈られてきても使い道もなく、困ってしまうことはリアルな姿なのでしょう。

生活必需品など以上に、千羽鶴が必要なものなのかと言われると、かなり疑問に思う部分がありますので、批判される理由もわかります。

 

一方で、震災によるショックから、少しでも立ち直って元気になってほしいと支援している姿も本当の姿です。

その象徴として千羽鶴が被災地に贈られているわけです。

千羽鶴

千羽鶴

今回の震災然り、東日本大震災然り、阪神淡路大震災然り、全て自然災害です。

たとえ、そのことによって、復興のための国の税金が増えてしまったとしても、文句を言うつもりもありません。

この千羽鶴の問題で、Twitter上では賛否が完全に分かれています。

もちろん、千羽鶴の処分は、税金を使って行われることが多いため、支援に使われるべき税金が、無駄遣いにも繋がります。

そして、その批判に対し、支援を全て切ってしまっていいと言い切っている人も見られ始めています。

1 2 3 4
ページトップへ