若井おさむの妻との離婚の理由が辛すぎ!元嫁と再婚するべき?

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
若井おさむ

現在でも、元嫁を娘のような捉え方をしているのです。

「(元お嫁さんが)幸せに過ごしているかどうか心配している」

と言っているくらいなので、それこそ、元お嫁さんが

「子供が欲しい!!」

と言わなかったら、若井おさむさんとの離婚はなかったかもしれません。

これは、あくまで若井おさむさんの話を聞いた上での印象でしかありません。

元お嫁さんとして、若井おさむさんの甲斐性がなく、亭主関白な一面には不満を持っていたとしてもです。

それだけで離婚したいと思うような気持ちは持っていなかったように思えます。

それどころか、6年間も続いた夫婦生活に、幸せを感じていたような印象すら伺えます。

だからこそ、一人の女性として、愛する彼との子供が欲しかったのではないでしょうか。

そのことさえ上手くいっていたら、離婚に発展することはなかったと思います。

ただ、二人の愛し方が全く異なっていた…。

そして、二人の価値観をすり寄せあうことを最後までできずに、最終的に離婚にまで至ってしまった。

その大きな理由原因として、若井おさむさんの極端な発想力が大きく影響してしまったのでしょう。

本人が語っていたように、筆者も話を聞いて素直に、そう強く感じました。

子供のように、元お嫁さんがはしゃぐしぐさなどは、一つのチャームポイントでもあります。

可愛らしいと思えるのは間違いないと思うのですが、それが若井おさむさんには『娘』として捉えられてしまうとは…。

そこを考えると、現状では、元お嫁さんと若井おさむさんの復縁の可能性は低いと、言わざるをえないのでしょう。

ただし、若井おさむさんの考え方が柔軟になれば、十分に元お嫁さんとの復縁の可能性はあると筆者は考えています。

もちろん相手あっての事なので、既に元お嫁さんが、別の素敵な相手を見つけて再婚していれば、これ以上言うことはありません。

しかし、もし本当は若井おさむさんと離婚したくなくて、本当は元お嫁さんも渋々離婚した状況だったとします。

なおかつ、まだ良いお相手がいないのであれば、彼と復縁(再婚)してあげて欲しい…。

そう素直に感じた次第です。

再婚という形で、再び幸せを掴むという話は、今のところ、あまり聞きませんので、非現実的な話なのかもしれません。

若井おさむさん・元お嫁さんの再婚という形がはたしてあるのか。

または、それぞれ別の相手と再婚という形になってしまうのかはわかりません。

いずれにしても、心底愛しあえる良いお相手を早く見つけて、二人には幸せを掴んで欲しいですね。

 

まとめ

若井おさむさん夫婦は、2008年に結婚し、6年間もの夫婦生活の末に、2014年に離婚してしまいました。

結婚当初は、すごくお似合いの夫婦に見えましたし、祝福する声も大きかったのです。

残念ながら、二人の価値観は次第にずれていきます。

子供が欲しいと、妻である智恵さんが若井おさむさんに発した一言が、離婚への大きな亀裂を生むきっかけを与えてしまいました。

若井おさむさんも、お嫁さんのことを娘のようにしか愛せなくなってしまっていましたし、もはや離婚はやむを得ない話だったのだと思います。

これは二人のどちらが悪いという話ではないと思います。

それだけに、どうか二人が、今後、別々の道を歩んでいくとしても、また新たに幸せな人生を送って欲しいと強く願っています。

1 2 3 4
ページトップへ