北島康介が水泳を現役引退した理由と黒い噂!現在の仕事は経営者!

スポーツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


競泳男子平泳ぎの元世界王者である北島康介さんが、現役を引退したのが2016年のこと。

北島康介さんはなぜあのタイミングで、現役引退を表明したのでしょう?

また引退後の現在、北島康介がどんな仕事をしているかも気になりますよね。

そこで当記事では、北島康介さんの現在、そして引退した理由それに関連した黒い噂を紹介します!

[adsense]

北島康介が現役を引退!その理由とは?

北島康介さんといえば、

チョー気持ちいい「何も言えねえ」

などの流行語となる名言を残し、アテネ・北京オリンピックと2大会連続100m・200m平泳ぎで金メダルを獲ったレジェンドですよね。

ちなみに平泳ぎで2大会連続2種目制覇をしたのは、彼が世界初の快挙でした。

@beauty_lock_life)さんの投稿

そんな北島康介さんは、2016年に現役を引退

平泳ぎ100mの日本選手権では2位に入るなど、まだまだ活躍ができそうだったのですが…。

では北島康介さんは、なぜ現役を引退したのでしょう?

北島康介の引退理由は「体力の限界」

その理由ですが、やはり気力・体力の限界が大きな理由だったようです。

それは「第92回日本水泳選手権2016」でのこと。

北島康介さんは平泳ぎの100mで2位となりましたが、規定タイムに届かず、200mでも決勝で5位となってしまい、リオ五輪出場を逃しました…。

@risaunai)さんの投稿

実際、引退を試合前に考えていたとされる言動も存在しています。

また200m決勝の前、北島康介さんはレース直前に、戦うライバルたちと握手をしたのです。

今まで、そんなことを一切してこなかった北島康介さんは、この時の行動について

「自分が泳ぐ最後だと思っていたのかも」「(200mを)泳ぎ切る力はなかった」「175mくらいだった」

と語っています。

@kyoko_iwasaki_)さんの投稿

これが、北島康介さんが引退した理由である体力の限界という面が表れていたように思います。

そして、気力の限界というのが、オリンピック出場を逃したことでしょう。

北島康介さんは、200m決勝が終わった後に、

オリンピックしか僕には残された道はなかった。

どうしても行きたいという気持ちが、去年から僕を奮い立たせてくれて、ここに今、僕がいる。

とコメントしていて、オリンピック出場が、北島康介さんの水泳へのモチベーションを維持していた要因だと考えられます。

@k1takeru)さんの投稿

前述の体力面の限界、そしてオリンピック出場を逃したことによる気力の限界により、この試合終了のタイミングで現役引退を表明したのでしょう。

北島康介は押尾学と薬物に手を染めていた?引退に黒い噂

1 2
ページトップへ