めざましテレビ司会(MC)永島優美アナへの批判は滑舌(噛む)が原因?

アナウンサー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
永島優美 eye


しかし、これだけのプレッシャーを永島優美アナは徐々に跳ね返していくことになります。

それは、月9ドラマ『コードブルー3rd』の視聴率が、大きく跳ね上がり、月9への評判が一気に回復していく姿にも相通じるものがありました。

あれだけ評判が悪かったはずの永島優美アナの評価が、手のひらを返したかのように良くなっていくわけです。

それには、彼女の地道な努力は欠かせませんし、めざましテレビのMCを務めるベテランの三宅正治アナのフォローも大きかったと思います。

さすがに永島優美アナ一人では、あの大舞台で大役を務めきることはできなかったでしょう。

三宅正治アナを中心に、多少のミスも面白おかしくカバーしてくれたおかげなのです。

それで永島優美アナは、極度のプレッシャーにも打ち勝ち、多くの支持を勝ち得たのだと思いますよ。

そして、このめざましテレビMCでの経験は、彼女にとって大きな財産となりました。

現在、フジテレビの女子アナとして活躍中の

  • 山﨑夕貴アナ
  • 宮司愛海アナ
  • 宮澤智アナ
  • 久慈暁子アナ
  • 海老原優香アナ

と、しのぎを削りながらフジテレビを牽引中。

まだまだ伸びしろも大きいですし、今後間違いなく

第二のカトパン候補の一人

として、またフジテレビの女子アナを代表とするエース的存在として、活躍していくことと思います。

今後も永島優美アナの活躍を期待したいですね。

 

永島優美アナのへ批判理由は父譲りの滑舌の悪さ?

永島優美アナといえば、多くのネットユーザーが、

「滑舌が悪く言葉を噛んでしまう彼女は、アナウンサーとしてふさわしくない」

と辛口の評価を下しています。

まぁ、匿名だからなんとでも言えるということで辛口評価しているんだと思いますが、それにしても厳しい意見という印象は残ります。

そもそも、永島優美アナの場合、風評被害を受けているところも多くありました。

たしかに、めざましテレビMC就任当初は、言葉を噛んでしまうところもありました。

それは、あのプレッシャーの中でMCを務めているからであって、滑舌が悪いわけではありません。

加藤綾子アナが激務のために、めざましテレビ本番中に倒れた際にも、加藤綾子アナの代役を、急遽、永島優美アナが務める事態に陥りました。

その時も周りのフォローを受けながら、その大役を見事に果たしてくれたのです。

これには、三宅正治アナを始め、フジテレビの上層部も高く評価しています。

話によると急場の出来事で、永島優美アナは震え上がりながらMCを務めていたらしく、この状況で噛むなと言うのは無理があります。

しかし、その事情は視聴者には関係ありませんので、批判の矢面に立たされてしまうわけです。

 

ただ、永島優美アナをみていて、筆者の印象としては、とくに近年は滑舌が悪い印象は見当たりません。

そもそも、お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信さんや諸見里大介さんのように滑舌が悪かったら、女子アナとして活動はできないでしょう。

もちろん、彼女も一人の人間であり、いくらアナウンサーであったとしても、時々言葉を噛むことはあります。

それも、入社時と比較したらだいぶ減った印象を受けます。

現在、永島優美アナは入社4年目なのですから、それなりに成長して当たり前ですし、噛むことが少なくなるのは当然と言われればそれまでです。

でも、そこに至るには彼女なりの、たゆまぬ努力がなければ成し遂げられません。

あくまで、当時めざましテレビのMCに入社3年目で大抜擢されたプレッシャーにより、よく言葉を噛んでしまっただけなのだと思われます。

そして、永島優美アナの場合、評判を下げた大きな要因として、父親である永島昭浩さんの存在も影響してしまっています。

永島昭浩さんはミスターガンバ・ミスターヴィッセルの異名を持っていただけあって、サッカーのスキルは超一流。

しかし、選手を引退しキャスターとして、スポーツコーナーを担当してからの彼は、言葉を噛み倒してしまう始末…。

その姿は今も相変わらずといった感じで、もはやこの噛み癖がユニークな個性となってファンの間で浸透し、愛され続けているわけです。

とはいえ、これは元アスリートのキャスター・タレントと言う立場だから許されています。

もしこれがアナウンサーだったら話は別です。

彼がスポーツキャスターとして、フジテレビのスポーツ番組で噛み倒してしまっていたように、

娘である永島優美アナまでも、めざましテレビで噛み倒してしまったら

それこそ大問題として評価されてしまう…。

それで、ちょっと噛んでしまったくらいでも思い切り批判されてしまっていたのが実際のところだったというわけ。

永島優美アナの場合、滑舌が悪いと誤解されるくらい言葉を噛んでしまうことが目立ち、ネット上では評判が悪かったことも事実です。

その大きな要因となってしまったのが、父の存在であることに変わりはありません。

ただ、その評判を、彼女が積み重ねてきた努力と経験でひっくり返し、今に至っているわけです。

あくまで、滑舌が悪いというのは完全な思い込みでしかなく、アンチをはじめとするイメージ的な批判でしかないのが率直なところでしょう。

 

『ポストカトパン』と称される永島優美アナ

これまでフジテレビを大きく支え続け、絶大なる支持を得てきた加藤綾子アナがフリーに転進しました。

その後、一気に層が薄くなった印象もある状況の中で、第二の加藤綾子アナを育てるべく、必死に次世代の女子アナを育てている感もあるフジテレビ。

久慈暁子アナや海老原優香アナなども今年新たに加わり、ますますその熱は加熱しています。

その中で現在、エース的存在として一歩抜きん出ているのは、永島優美アナではないでしょうか。

加藤綾子アナ退社後しばらくは、生野陽子アナが牽引する事態に陥り、

いつになったら新時代による世代交代が見られるのか

という印象が色濃く映っていたフジテレビでしたが、永島優美アナのたゆまぬ努力と度胸の良さがじわじわ浸透し評価も上がっています。

たしかに、一歩抜きん出ているとはいえ、それはめざましのMCによる効果が大きいのです。

山﨑夕貴アナ・宮司愛海アナ・宮澤智アナなど

誰がポスト加藤綾子アナとして活躍していってもおかしくない状況

1 2 3 4
ページトップへ