永島昭浩はハーフ?妻と娘も?サッカー実況で舌足らず発揮

アナウンサー サッカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


永島昭浩といえばサッカー選手時代の成績が輝かしい元Jリーガーですよね。

ガンバ大阪・清水エスパルス・ヴィッセル神戸などで活躍されていました。

サッカー選手引退後は、スポーツキャスターとして活躍する傍ら、講演活動やタレント活動など、幅広く活躍。

サッカーファンからはレジェンドとして慕われている永島昭浩ですが、

なぜかキャスターとして評判はいまいち良くないのです。

また、永島昭浩といえば愛娘を溺愛していることでも有名ですよね。

愛娘である永島優美アナ(フジ局アナ)も世間の注目を集めていて、永島昭浩の家族についてネットで検索する人も増えてきています。

そこでこの記事では、永島昭浩の現在と家族について迫っていきます。

サッカー界のレジェンド!永島昭浩の選手時代

三浦知良選手、中山雅史選手など、かつて日本代表を牽引し、レジェンドと呼ばれている選手はたくさんいますよね。

その中の一人でガンバ大阪、清水エスパルスで活躍し、当時JFLに所属していたヴィッセル神戸を、

J1へ昇格させた立役者として慕われているのが永島昭浩。

@jspofficial1988)さんの投稿

選手時代の輝かしい活躍を知るファンの間では、「ミスター神戸」と称され、今もなお愛され続けています。

以前永島昭浩がつけていた13番の背番号は、エース番号として代々受け継がれているんだとか。

そんな今も尚、選手時代の活躍が伝説となっているレジェンド永島昭浩ですが、

キャスターとしての活動を危ぶむほどの問題が発生したようです。

永島昭浩の滑舌と評判

果たしてキャスター業の存続が危ぶまれるほどの問題とは何なのでしょう?

それは、ズバリ永島昭浩の滑舌!

スポーツキャスターとしてニュースを伝える際に、噛んでしまうことが多く

1 2 3
ページトップへ