Zアイランドの結末は?ストーリーあらすじとネタバレをチェック!

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Zアイランド


映画の公開前には、想像もつきませんでしたね。

 

Zアイランドのストーリーあらすじ

zアイランドのキャスト

それでは早速、『Zアイランド』のあらすじを簡単にご紹介しましょう!

10年前に竹下組との抗争で怪我を負い、自身の弟分である武史が出所するまで、彼の娘である日向(役:山本舞香)の面倒を見ることになった宗形組の組頭:宗形博也(役:哀川翔)。

宗形組は既に解散し、ごく普通に娘の面倒を見ていた宗形だが、武史(役:鶴見辰吾)の出所を機に家出した日向を追いかけると、そこは謎の病気が蔓延している銭荷島。

一方、竹下組からクスリを持ち出した組員・吉田あきら(役:宮川大輔)もこの銭荷島に逃げ込んでいた。

吉田は、謎の病気が蔓延していることを利用して、独自で調合したクスリを島民に高値で売りさばき、自身も摂取する。

その後、吉田は薬の影響で発作を起こし、そのまま絶命してしまいますが、絶命したはずの吉田は突然ゾンビとして蘇ってしまうのです。

そして、ゾンビ化した吉田が銭荷島の島民に襲いかかり、銭荷島はさらに病気が蔓延し大パニックへ…

島の医師・ナース・警官など、あらゆる島民を巻き込みパニック化した銭荷島で、宗形は、日向を探し出し、なおかつゾンビを倒して島をパニックから救うことが出来るのか…

と、ここまでが『Zアイランド』の主なあらすじです。

『Zアイランド』は、暴力団同士の抗争と、ヤ◯ザとゾンビという、二つの構図が見えながら展開していくアクション映画なのです。

哀川翔が演じる暴力団(ヤ◯ザ)同士の抗争は、今まで何度も見てきましたが、さすがにゾンビと対峙する姿は、一度も見たことがありません。

Vシネの帝王である彼が、ゾンビと対峙し、どんなストーリーを描いてくれるのか…

1 2 3 4
ページトップへ