森田剛の演技力の評判を紹介!舞台俳優としての仕事ぶりは高評価

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
V6


小栗旬さん・綾野剛さんと同じく、蜷川チルドレンの一人として舞台を中心に俳優として活躍しているV6の森田剛さん。

正直なところ、V6のメンバーということすら忘れてしまうくらい俳優業に邁進しているような印象すら見受けられます。

その姿勢は同じジャニーズの生田斗真さんや風間俊介さんをも彷彿させてくれますね。

さて、そんな森田剛さんですが、2008年ごろからテレビドラマや映画にあまり出ていなかったのです。

では、実際の俳優としての彼への評価や演技力はどれくらい高いのでしょうか。

本記事では、森田剛さんの演技力の高さや周囲の評価を調査しまとめていきます。

[adsense]

森田剛の仕事は舞台中心!

森田剛

大晦日に解散したSMAPや、人気絶頂のアイドルグループとして活躍している『嵐』など

ジャニーズアイドルグループはたくさんありますが、彼らはアイドルグループとしての活動だけでなく、俳優・タレントとしての活動もしていますよね。

ドラマ『先に生まれただけの僕』に出演の櫻井翔さんは、キャスターとして報道番組『ニュースZERO』に出演しています。

SMAPがバラエティ番組に出演し始めて以降、ジャニーズの各メンバーが様々な活躍を見せています。

それはV6も同じ。

森田剛さんはV6のメンバーとしても活動していますが、基本的には舞台中心に活動する俳優として活躍しています。

そもそも彼が俳優デビューとなったのは、1994年にフジテレビ系で放送されたドラマ『半熟卵』。

このドラマは、6年前に夫を亡くすも、元気で明るい姿を見せ続けている母が、個性豊かな三人娘を育てていくというホームドラマです。

森田剛さんが演じた役は、ともさかえりさんが演じた三女・菜生のボーイフレンド・中井順という役でした。

1 2 3 4
ページトップへ