水の星へ愛をこめて(Zガンダム主題歌)の歌詞の意味をチェック!

アニメ 音楽

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
森口博子

もちろん彼女は透明度の高い歌声で歌唱力も高く、素晴らしい楽曲提供者との出会いもあり、歌手としても大きくブレイクしていくわけです。

筆者の印象としては、ガンダムのテーマソングとの出会いが、森口博子さんの全ての始まりだったのではないかと思うのです。

少なくとも前述した2曲は、彼女の代表曲でもあり、ガンダムファンなら間違いなく知っている超メジャーソングです。

さらに、2007年にリリースした『もうひとつの未来〜starry spirits〜』は、

PS2ゲームソフト『SDガンダム GGENERATION SPIRITS』のテーマソング

として起用されています。

一方、2016年にリリースした『宇宙の彼方で』は、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅳ 運命の前夜』の主題歌として起用されています。

TVアニメ限定なら、それこそデビュー曲の『水の星へ愛をこめて』1作品のみですが、劇場版アニメやテレビゲームも含めると、彼女がガンダムシリーズに、かなり深い関わりを持っていることがよくわかりますよね。

そして、念願だったアニソン番組MCを務めるようになり、ますますガンダム以外にもアニメと深い関わりを持つ歌手として活躍していくことでしょう。

筆者は森口博子さんの楽曲というよりも、彼女に楽曲を提供しているアーティストの一人である西脇唯さんの大ファンです。

森口博子さんの曲を聞く機会も多く、西脇唯さんを抜きにしても、彼女の透明感の高い歌声は心に染みます。

バラエティ番組『夢がMORI MORI』のテーマソングだった 『あなたといた時間』などは、西脇ワールド全開の失恋ソングということもあります。

それも森口博子さんの透明感MAXの歌声あっての楽曲で、本当に今聴いても泣けますよ。

1 2 3 4
ページトップへ