山本寛(ヤマカン)の現在と休養の原因!経歴とアニメ作品もチェック

アニメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


アニメーション監督の”ヤマカン”こと、山本寛さん。

アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』のシリーズ演出をしたり、『らき☆すた』で、初のアニメ監督の座に就くも、

「まだその域に達していない」

と言われ、そのワードを頻繁に監督になってから使用するなどありました。

ネットでは一種のネタになりつつも、山本寛(ヤマカン)さんは、あまり評判の良くない監督として有名でした。

そんな彼は、2016年5月から無期限休養をしていましたが、現在は復帰。

そこで当記事で、山本寛(ヤマカン)さんの無期限休養の理由・原因、現在は何をしているのかなどについて、お話していきましょう。

[adsense]

山本寛(ヤマカン)の経歴プロフィールは?

ヤマカン

まず、ヤマカンこと山本寛さんとはどういう人物なのか?

そこから、紹介していきます。

まず、山本寛さんは、

「ヤマカン」

と言われているものの、実際の名前は「かん」ではなく、

“ゆたか”

です。

山本寛(ヤマカン)さんは、Orbetの設立者として今でこそ名を知られていますが、もともとは、あの京都アニメーション出身。

 

山本寛(ヤマカン)さんが関わってきたアニメについても、ここで紹介していきますね。

まず、山本寛(ヤマカン)さんは『あたしンち』などで、数話演出などを務めていましたが、一躍有名となったのは

『涼宮ハルヒの憂鬱』

そして

『らき☆すた』

でしょう。

京アニ全盛期と言われるあの時代に、山本寛(ヤマカン)さんは京都アニメーションに在籍していて、『涼宮ハルヒの憂鬱』では、シリーズ演出、『らき☆すた』では4話まで監督を務めました。

しかし、前述のとおり、

「監督において、まだその域に達していない」

との社内判断から降板。

1 2 3 4
ページトップへ