宮沢セイラの乃木坂46卒業理由とは?ハーフ疑惑で両親を大調査!

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「インフルエンサー」、「逃げ水」など、現在も次々ヒットソングをリリースし、王道アイドルグループとして人気を博している乃木坂46。

その勢いはAKB48もを追い越しそうな気もしますが、グループを去るメンバーもいます。

その一人が現在モデルとして活動している宮澤成良こと宮沢セイラ。

本記事では、宮沢セイラの乃木坂46卒業理由や、また一部で言われているハーフという疑問や両親についても探っていきます。

乃木坂46を卒業した宮澤成良こと宮沢セイラとは?

恋愛禁止だったり、学業との両立が困難を極めたりと、プライベートでも何かと厳しい規律を守らなくてはならないアイドルたち…。

当然ながら、普通の女の子になりたいと芸能界を引退するアイドルたちもいますよね。

そんな移り変わりの激しいアイドル事情の中で、かつて乃木坂46のメンバーとして活躍していたのが以前、宮澤成良とい名前で芸能活動していた宮沢セイラ。

現在、彼女はモデルとして活躍していますが、そもそも宮沢セイラとはどんな人物なのでしょうか?

何故、乃木坂に入ったのかという部分も含めて、いろいろ気になる要素も多いかと思います。

宮沢セイラは、1993年10月29日千葉県出身の24歳。

本名は宮澤成良で、乃木坂46時代は、本名で活動していたので、こちらの名の方が馴染みがあるファンも多いかもしれません。

そんな宮澤成良こと宮沢セイラの兄は、かつてFC東京の下部組織にも在籍していたこともあるサッカー選手の宮澤勇樹選手。

ちなみに、宮澤勇樹選手は現在ドイツ4部リーグのTuSエルンテブリュックに所属しているそうです。

プロのスポーツ選手を兄に持つ彼女は、サッカーと直接関わりがあるわけではありませんが、別のジャンルで凄い才能を持った女性でした。

クラシック・バレエ留学をしていた宮沢セイラ

宮沢セイラは3歳の頃からクラシック・バレエを嗜んでいて、高校1年の頃に、モナコからオファーも来ていたというのです。

そのオファーを受けて、王立プリンセス・グレース・クラシックダンス・アカデミーへ単身1年留学…。

しかし、留学中にあるアクシデントが勃発…。

不慮の事故が起こってしまったのか、左足首を痛め三角骨摘出手術を受けざるを得ない状況に陥り、ドクターストップがカカてってしまうことに。

当然、バレエダンサーとしての道は途絶え、留学も途中で帰国することになってしまい、宮沢セイラは失意のどん底にいたようです。

母親が宮澤成良の名前で乃木坂46のオーディションに応募

クラシック・バレエでプロを目指す道が途絶えてしまった宮沢セイラ。

そんな宮沢セイラを見かねた母親が、乃木坂46の第1期オーディションに、彼女の名前で応募したのです。

宮沢セイラ本人は、全くアイドルになる気は微塵もなく、親が勝手に応募したのですが、そのことが次の目標を与え、元気を取り戻すきっかけに。

そして、ギリギリのところで乃木坂46のオーディションを通過し、無事メンバー入りを果たすのです。

2ndシングル「おいでジャンプー」では、なんと選抜入りも果たし2013年のGirls Awardでは、乃木坂46として出演も果たしました。

この劇的な変化の中、宮沢セイラは輝きを取り戻します。

しかし、2013年11月12日に突然乃木坂46を卒業すると発表してしまうのです。

宮沢セイラが乃木坂46を卒業した理由

宮沢セイラは何故かわずか2年で乃木坂46を卒業してしまいます。

果たして宮沢セイラの乃木坂46卒業理由とは一体何だったのでしょうか。

宮沢セイラが乃木坂46を卒業した理由は、Girls Award出演を機に、モデルとしての夢に目覚めたからと言われています。

しかしこれはあくまでも表向きの理由に過ぎないのだとか…。

実際は、宮沢セイラ自身、アイドルのようなキャピキャピした華やかな世界は、水が合わなかったという話です。

キャラを作るということに絶えきれなくなり、気がついたら、玄関先で涙がこぼれ落ちるなんてことも起き始めていたんだとか…。

要は、周りからのキャラ作りを求められすぎて、自分が何者かわからなくなりかけるほど、精神的に病んでしまっていたというのです。

とはいえ、これは、ネット上で得た話をベースに語っている話に過ぎません。

正直、どこまでが事実なのか明確なところは分かりませんが、少なくとも精神的に苦しんでいたことは間違いなさそうです。

宮沢セイラの父親はあの有名人でハーフって本当?

彫りの深い顔立ちで、手足の長い宮沢セイラにはハーフ疑惑が何かとつきまとっています。

実際、宮沢セイラの父親はフランスと日本のハーフ。

つまり、宮沢セイラはクォーターということになります。

ただ、現在は父親も日本に帰化しているため、あくまで祖父がフランス人というクォーターが正しい表現です。

さてそんな、宮沢セイラの母親は一般人ですが、父親は誰もが知る有名人なのです。

なんと宮沢セイラの父親は、元サッカー選手で、現在NHKのサッカー解説者としておなじみの宮澤ミシェル。

@taizoyamada_official)さんの投稿

現役サッカー選手時代に大活躍していた宮澤ミシェルは、現在サッカー解説者として、サッカーを面白く伝えてくれています。

普段から家族仲が良いという宮澤家の教育方針は、子どもたちにやりたいことを見つけさせ、その道を進ませてあげることにあるのだとか。

宮沢セイラが今後も、自分らしさを追い求めながら輝き続けることを願うばかりです。

まとめ

宮沢セイラといえば、乃木坂46時代は本名の宮澤成良として活動していました。

現在は宮沢セイラと改め、モデル・タレントとして活躍。

もともと、クラシック・バレエの邁進し、単身海外留学までしていた宮沢セイラでしたが、怪我のためドクターストップがかかり、泣く泣く日本に帰国することに…。

失意の中、乃木坂46という新たな活躍の場を見つけましたが、わずか2年で卒業を発表。

現在は、モデルなどとして活躍しています。

サッカー解説者の宮沢ミシェルを父親に持つ宮澤ミシェルは、フランスのクォーターだということがわかりました。

今後ますます自分らしく、多くのメディアを通じて活躍する姿を見せてほしいと期待しています。

ページトップへ