NGT48選抜総選挙2017(第9回)の最終結果順位と得票数一覧をチェック

AKB

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NGT48


2015年の総選挙では、北原里英さんと兼任の柏木由紀さんのみ、結成後の2016年の選抜総選挙では、1期生のうち1名しか圏内入りできず、苦渋を飲まされたNGT48。

当時、彼女たちが流した涙は鮮明に覚えています。

そして遂にリベンジを果たすときがやってきたAKB48選抜総選挙2017(第9回)。

果たして、彼女たちNGT48メンバーは、今度こそ、輝かしい結果を出し、2016年のリベンジを達成するのでしょうか。

本記事では、NGT48メンバーにとってのAKB48選抜総選挙2017(第9回)の速報順位・最終結果順位、得票数を紹介し、総括していきたいと思います。

[adsense]

選抜総選挙2017速報順位(NGT48編)

新潟に新たなAKB48の姉妹グループが誕生するビッグニュースが流れた2015年1月。

当時は新しいAKB48の姉妹グループの発足が発表されただけで、具体的な話はなく、ようやく1期生メンバーが決まったのが、2015年7月。

既に移籍が決まっていた北原里英さんと、兼任が決まっていた柏木由紀さんを含める24名が、NGT48として活動していくことになったわけです。

この時点では、まだ、ホームグラウンドというべきNGT48の劇場もオープンしていませんでした。

2016年1月。

ようやくNGT48の劇場がオープン。

ドラフト2期生として獲得した2名を含め、26名が、

  • チームNIII(12名+北原里英さん・柏木由紀さん+ドラフト2期生)
  • 1期研究生(残り10名)

にチーム分けされ、本格的なNGT48の活動がスタートし始めたのです。

そして、劇場公演を中心に、2015年10月8日から就任している『ばかうけPR大使』を通じて、テレビCMなどにも出演。

1 2 3 4
ページトップへ