ヒャダインが嫌われる理由!ももクロと共演NGって本当?

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライブイベント「ももいろクローバーZ 桃神祭2015」の会場にリングを用意し、両者の和解の場を設けました。

@yuka._0615._)さんの投稿

そこで、両者は全てをぶつけ合い、和解し合うのです。

「ももいろクローバーZ 桃神祭2015」のライブ中、ももクロメンバーが「行くぜっ!怪盗少女!」を歌っていた際、彼女らは泣いていたという話もあります。

ヒットの恩人であるヒャダインとももクロ運営サイドが和解してくれて、さぞかしホッとしたのでしょう。

ヒャダインが世間から嫌われる理由

ヒャダイン自身、人間関係が良好で、宮本淳之介氏・川上アキラ氏ともうまく立ち回っていれば、確執そのものはできませんでした。

しかし、彼は人付き合いが苦手で壁を作りやすいタイプであるために、和解はしたものの、確執を作ってしまったのも事実。

このように何かと誤解を受けたり、一部から嫌われてしまうのは、今に始まったことではなかったみたいです。

その原因は、彼が高校時代の頃まで遡ります。

ヒャダインの出身校ではカースト制度があり

友人から「お前はBランクだから…」と言われ、突き放されてしまったのだとか。

信用していた友達から浴びせられた音葉が忘れられず、人間を信用できなくなっていったヒャダインは、どんどん他人との間に壁を作るようになります。

@kamikaze_sensation)さんの投稿

その結果、「人から嫌われようが人と関わりを持たずに逃げるのもあり」と考えるように。

その考えが、ある種の偏屈な心を開花させてしまい、何かと誤解を与えながら嫌われてしまうのかもしれません。

とはいえ、ももクロのメンバーのように彼のことを慕う人間だってたくさんいます。

まとめ

ヒャダインとの確執があったと噂されているももクロ。

蓋を開けてみるとその確執は、ヒャダインとももクロ運営サイドの問題であって、ももクロメンバーはヒャダインを慕っていることがわかりました。

現在は両者は和解しているようです。

ヒャダインが世間から誤解を受けやすいのは、「人から嫌われようが人と関わりを持たずに逃げるのもあり」という彼の考え方が影響しているようです。

ヒャダインは何かと誤解を受けやすい性格なのかもしれません。

しかし彼が作る音楽は多くの人々の心を動かし続けています。

これからもヒット曲を連発してほしいものです。

1 2 3 4
ページトップへ