ヒロミと松本伊代の出会い(きっかけ)から結婚!仲の良い秘訣とは

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヒロミ

その他にも、子供たちとヒロミさんがくつろいでいるところ、急にヒロミさんが『ママ~』と呼び始めると、子供たちは自分の部屋に戻らなくていけない暗黙のルールがあるらしく、その直後、夫婦のラブラブタイムがはじまるなんて話も伺えました。

一般的に、子供が生まれると子育てに時間が奪われ、いつしか夫婦仲も冷めていくという夫婦が多いですよね。

松本伊代さんヒロミさん夫妻は、結婚当初からラブラブで、まさにおしどり夫婦の関係が今でも続いているようです。

今後も仲睦まじく、おしどり夫婦として、いつまでも寄り添って幸せに暮らしている姿を見せて欲しいものですね。

 

松本伊代・ヒロミの出会いのきっかけ・結婚は?

松本伊代

松本伊代

先日放送されたワイドナショーでも夫婦仲の良さが伝えられていた松本伊代さん・ヒロミさん夫妻ですが、そもそもこの2人が結婚に至るまでの経緯(出会いのきっかけや馴れ初め)はどこにあったのでしょうか?

2人の出会いのきっかけは、1989年3月25日に放送された『オールナイトフジ・祝300回帰年スペシャル』での共演にありました。

元々、オールナイトフジ(レギュラー放送)では共演は一度もなかったのですが、松本伊代さんが歴代MCとして、300回記念番組のゲストとして出演していたため、ヒロミさんと共演となった模様。

ちなみに松本伊代さんは、1984年10月から1986年3月まで番組MC(三代目番組MC)として出演。

もし、この時のゲスト出演がなければ、松本伊代さんとヒロミさんの運命的出会いはなかったかもしれない、と考えると運命を感じますよね。

そんな2人は、この特番で共演し、スタッフたちと共にゴルフなどに行くようになったことをきっかけに距離を縮め、ヒロミさんが、

「メロンジュース飲みに来ないか?」

と、自宅に松本伊代さんを誘ったのが一つのきっかけとなり、交際がスタートしたと言われています。

ただ、松本伊代さんの話によると、実はその前から既にヒロミさんをゴルフに誘おうとしていたらしく、彼女自身、深夜番組に出演し始めたヒロミさんに一目惚れ的なところがあったようです。

つまり、お互い相思相愛で、まさにヒロミさんと松本伊代さんは運命の相手だったということでしょうね。

そして、4年の交際を経て、1993年に結婚。

その後、2人のお子さんに恵まれ、ヒロミさんと松本伊代さんは、今でも相思相愛のおしどり夫婦として仲良く暮らしているのだとか…

ただ、それほど仲の良いおしどり夫婦にも、実は2度ほど離婚危機がありました。

一つは、ヒロミさんのかばんに、見知らぬ携帯電話が入っていたのを見つけた松本伊代さんが、ショックのあまりに家を飛び出したことをきっかけに引き起こされた離婚危機。

松本伊代さんが家を飛び出してから、暫く時間が経って、落ち着きを取り戻して家に帰ると、今度はヒロミさんが家を飛び出していたというすれ違いがあったそうで。

しかも、この仲違いの直後には、家族旅行を控えていたらしく、ヒロミさんは仕事も入っていたので先に家を出てしまい、全く会話をすることが無いことから、松本伊代さんは離婚を覚悟していたそうです。

しかし、松本伊代さんが家をでる前に置き手紙に気づき、その内容を見ると、松本伊代さんへの謝罪や子供に対する気遣いなど、優しさ溢れる言葉が書き綴られていたらしく、離婚危機が回避されたようです。

そして、ふたつ目は、完全に松本伊代さんの天然エピソードと言ってもいいくらいの、笑えてしまえる離婚危機話でした。

かつて、ヒロミさんが、『SMAP』の中居正広さんと笑福亭鶴瓶さんを別荘に招待し、楽しい食事会を開いたことがあったそうですが、その後に、ふとベッドの上に置いてあるブラジャーに気づいたヒロミさんは、不思議がりながら、松本伊代さんに電話で確認…

すると、

『何なのそれ!!』

『何やってんの!!誰か入れてんじゃないの?』

と大激怒し、不貞を疑われ、かなりモメたそうです。

それも夫・ヒロミさんへの不審から離婚危機を招いていたというくらいですから、松本伊代さんにとっては相当ショッキングな話だったのでしょうね。

ただし、この話にはオチがあり、ヒロミさんがそのブラジャーの写真を松本伊代さんに送信すると、

「あっ!!あたしのだ」

とあっさり答えたというのです。

要は、前に松本伊代さんが別荘に来た時に、ブラジャーをベッドの上に置きっぱなしにして、そのまま忘れてしまっていたというだけの話だったのです。

全く身に覚えもない話で激怒されて、ヒロミさんも踏んだり蹴ったりですが、半ば呆れながらも

「ここがママの凄いところなんだよね」

とその天然ぶりに、怒る気にもなれなかったんだとか…

交際当初は、部屋の片付けなど全く出来ていなかったり、突拍子もない天然行動をとっていた松本伊代さんに度々注意もしていたヒロミさんでしたが、今では、出来ない人に何を言ってもダメと理解し、ほとんど注意しなくなったようです。

普通、ダメな人には

『なんで出来ないの?』

と怒りを露わにしてしまいがちですが、それを怒らずにいれるヒロミさんは、その風貌と異なり、妻である松本伊代さんに対しては、非常に優しい方なのでしょうね。

まぁ、2人の子供に対しても、反抗期で母である松本伊代さんに対して暴言を吐こうものなら、

「俺の女に何しやがる」

とフルボッコにするくらいですから、それだけ奥さんである松本伊代さんを愛していらっしゃるのでしょう。

運命の出会いがあって結婚し、そして、今でも仲の良いおしどり夫婦として愛しあうことができたら…

まさに、多くの人々が羨む、夢の様なご夫婦なのだと思いますよ。

 

松本伊代・ヒロミ夫妻に学ぶ夫婦円満の秘訣

指で示す女性

いろんな夫婦の在り方を見ていくと、永くおしどり夫婦として仲良く暮らす夫婦もいれば、成田離婚のように結婚して、すぐさま価値観が違うと離婚していく夫婦もあり、まさに十人十色だとは思います。

ただ、折角愛し合って結婚されているわけだと思いますし、誰だって離婚を大前提として結婚はしていないはず…

やはり、夫婦円満に永く何十年と寄り添って生きていきたいと考えるのが本来あるべき姿なのではないでしょうか。

そこで、そんなご夫妻の一つの参考になるように、松本伊代さん・ヒロミさん夫妻のライフスタイルから夫婦円満の秘訣を探ってみたいと思います。

あくまで筆者が感じたことをここから話していきますので、一つの参考程度に読んでいただきたいですね。

ヒロミさんと松本伊代さん夫妻を見て、何よりも夫婦円満であるのは、怒りに対して鈍感であることが一番なのではないかと思います。

まぁ、そんなの当たり前と言われれば、身も蓋もありませんが、以外に自己主張が強すぎるためか、どこかで相手の態度に腹を立ててしまい、怒りをストレートにぶつけてしまうために、耐え切れなくなって衝突してしまい、結局離婚となっているように感じます。

そこで、松本伊代さん・ヒロミさん夫妻のライフスタイルを見ていくと、随所にその秘訣が散りばめられていました。

松本伊代さんは、ただの天然に見えて、実に寛大な心の持ち主で、普通仕事をせずに家にいる時間が長くなると

『仕事して!!』

と言いたくなるものですが、彼女はそれを一切言わなかったのです。

どうしてもプレッシャーを与えられると、人はそのプレッシャーにストレスを感じイライラしてしまいがちです。

当時の松本伊代さんは、単純に今は休んでいる時で、ヒロミさんがまたやりたいと思ったら動くだろうと、優しく見守っていたのだそうです。

ただ、どこかでテレビで活躍しているヒロミさんの姿を見たいとは考えていたらしく、さり気なく

『テレビに出ない?』

と声を掛けたこともあったんだそうですが、なかなかいい返事はもらえていなかったそうです。

そういったこともあって、松本伊代さんとしては、あまりプレッシャーを与えないように気を配っていたのですが、たまたまテレビで、

「俺だったらこうするのに…」

とつぶやくヒロミさんの姿を目撃すると、すかさず

「そんなところでいってないでテレビに出て言えば…」

と言った松本伊代さん…

すると、

「テレビに出たいと言って出られるものじゃないから…」

とヒロミさんから反論があり、ヒロミさんもテレビに出る意志が芽生えてきたと感じた松本伊代さんは、早速、自身の出演している番組スタッフなどに営業しはじめます。

そして、夫婦共演ということで出演オファーを取り付けたのです。

しかも、偶然出演オファーが来たという体を装って、ヒロミさんを絶えずサポートしていたというのですからね。

寛大な心を持ちながら、そっと手を差し伸べる優しさを見せ続ける気持ちは、松本伊代さんの最大限の魅力で、夫婦円満の一つの秘訣かもしれません。

一方、ヒロミさんも、冒頭からお話している通り、天然で失敗の多い松本伊代さんにほとんど怒ることなく、少しでも出来たことを褒めてくれるそうですし、日本人男性が苦手とする愛情表現も常にしているというのですから、いつまでも仲が良いはずです。

これは教育問題で常に言われていることですが、ただ怒鳴り散らして根性を鍛えるというのは大きな間違いで、相手を褒めて伸ばすのが本来あるべき姿だと筆者は考えています。

1 2 3 4
ページトップへ