ももち(嗣永桃子)の消えた・干されたで現在は透明人間状態に

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ぶりっ子キャラで大ブレイクしたももちこと嗣永桃子

「カントリーガールズ」というアイドルグループののプレイングマネージャーとして活動していました。

一時はテレビで見かけない日がないほど活躍していたももち。

しかし、2017年6月30日にカントリーガールズを卒業し、芸能界からも引退してしまいました。

もともと所属していたアイドルグループ「Berryz工房」が事実上の解散となり、その後、ももちの露出が激減したのです。

そのため、テレビから消えた(干された)とネットでささやかれていましたが、一体彼女に何があったというのでしょうか。

この記事ではももちが芸能界から消えた理由からももちの現在まで探っていきたいと思います。

ももちはぶりっ子キャラでブレイク!

ももちといえば、独特な口調と「許してにゃん」、「おとももち」というフレーズを連呼するぶりっ子アイドル。

そんな強烈なぶりっ子キャラがウケて、テレビで見かけない日がないほどブレイクしていました。

もちろんぶりっ子キャラは芸能界で売れるための戦略だったのでしょう。

大物芸能人への楽屋挨拶の際もぶりっ子キャラを通し抜いたというももちは、共演NGを出されることも少なくなかったんだとか。

そこまでして、あの強烈なぶりっ子キャラを守り抜くももちに並ならぬプロ意識の高さを感じます。

恐らく、ぶりっ子キャラを守り抜くには、相当な努力とストレスがあったのではないでしょうか…。

嗣永桃子(ももち)の横顔が奇跡のEラインだった!!

ももちが嗣永プロと呼ばれていた理由

強烈なぶりっ子キャラが印象的なももちですが、一部のファンや同僚アイドルたちから「嗣永プロ」と呼ばれていたのをご存知ですか?

ももちのアイドルとしてのプロ意識の高さに尊敬を抱いたファンや同僚アイドルたち。

気安く“ももち”とは呼べないことから「嗣永プロ」と呼ぶようになったのだとか。

ファンだけならまだしも同僚アイドルたちをも尊敬させてしまう、ももちっていったいどんな人なのでしょうか。スゴすぎます…。

そんなももちのスゴさとは、具体的に挙げるとこんなにもあるんです。

まず、歌・踊り・パフォーマンスなどのアイドルとしてのスキル。そして、スキャンダルのなさ!これ重要ですよね。

そしてバラエティ番組での肝の座り方などがあげられるようです。

また、ももちは「自分で決めたことだから」という言葉を良く口にするんだとか。

この言葉からも自分の行動や言動に責任を持っていて、動じない性格だということがわかります。

そして何よりも、ももちが評価されているポイントが握手会での行動。

ファンと少しでも交流時間を長く持てるように、「ありがとう」という言葉を先に伝え、お礼以外の言葉を交わせるように工夫しているんだとか。

また、ファンの手をももち自ら握り、時間ギリギリまで手を離しません。

バラエティ番組で見かけるももちと全く変わらない明るくハキハキした話し方で、終始笑顔の神対応

そんなももちの握手会は「握手会革命」とまで呼ばれるように。

このようなエピソードから「嗣永プロ」とまで呼ばれるようになったももち。

バラエティ番組で見かけていたももちの印象とは全く変わりました。

ももちはアイドルとしての意識が他のアイドルと比べ物にならないほど高いんですね。

ももち引退……。マツコもエール、24歳の濃いアイドル人生!

ももちが消えた(干された)理由

大ブレイクしたももちを突然テレビで見かけることが少なくなり、消えた(干された)という印象を持っている人は少なくないのではないでしょうか?

急にももちの露出が減った理由を調べてみると、あることがわかりました。その意外な原因とは…↓↓

1 2
ページトップへ