中日の谷繁監督休養(解任)の理由・原因はフロントと親会社!

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中日ドラゴンズ

しかし、正直なところ、現在の中日の低迷ぶりを作り出した原因は、なにも谷繁監督だけではありません。

当時の落合GM、そして落合GM信者とも言える白井オーナーにこそ、中日ドラゴンズの低迷の理由原因・最大の責任があると思っています。

まず、落合GMは谷繁監督を任命しましたが、その後の関係は冷え切ったとも言われており、コーチ人事には、ほぼ落合GMの意向を汲んだ編成となりました。

そしてその落合GMですが、任期満了に伴い、2017年1月をもって退任ということになりましたよね。

これには、多くの中日ファンが喜んだことでしょう。

しかし、喜んでばかりもいられません。

現在の中日低迷の原因を作っているもう1人の癌とも呼べる人物が、いまだ健在だからです。

その人物こそが、中日の白井オーナー。

個人的には一番の癌だと思っています。

巨人に例えると、渡邉恒雄さんくらいの癌で、今すぐ中日新聞社から去ってほしい人物です。

なんと、白井オーナーは谷繁監督の解任劇を、

「ファンのクレームが多かったから」

と、あろうことか責任をファンに転嫁しました。

さらに、

「平田のヤジの一件以降、客足がかなり減った」

と、中日のキャプテンである平田良介選手にも責任を押し付けたのです。

FA権行使が注目されていた主力選手に対してこのような発言をしたのですから、

「あ、これはもう平田も大島も流出だな…」

と、中日の暗黒時代の幕開けを予感していました。

しかし、2人のFA権行使は、森監督の説得により回避され、何とか中日残留という結果に。

本当に、森監督がいなかったら、今頃どうなっていたことやら…。

これらのことで思うのは、今の中日が変わるためには、まず、

フロントが刷新される

必要があるでしょう。

今すぐにでも中日新聞の不買運動を起こし、新聞が売れなくなることでフロントを反省させて改心させる…。

もしくは中日ドラゴンズをどこかへ売り渡させる行動をしなけらばならないかもしれません。

一番言いたいのは、まず、

「くだらない権力闘争を野球に持ちこまないで欲しい」

ということ。

はっきりと断言してしまいますが、現在の中日の低迷期は、

中日新聞社のせい

であるとみています。

そもそも、今でこそ親会社の年間売り上げが12球団中11位ですが、最下位のDeNAは税金対策も兼ねてプロ野球に参入していることを考えれば、事実上、親会社的に見れば、

中日はプロ野球団で今一番お金がなく、非常に財政面で弱い球団である

と言えるわけです。

もうどこか別の企業に中日ドラゴンズを売り渡してほしいとさえ考えているくらいです。

財力の問題はともかくとして、ここ数年の中日は、完全に中日新聞の権力闘争のために使われているように思えてなりません。

野球に権力闘争を持ち込むくらいならば、さっさと他のお金のある企業に売り渡し、中日新聞社内だけで権力闘争を行っていればいいだけの話なのです。

では、具体的に醜い権力闘争とは何なのか?

最後に、こちらについても、触れておきましょう。

 

中日ドラゴンズ低迷の理由原因は中日新聞!

中日新聞

お金もない、さらに野球に親会社の派閥争いを持ち込む、そんな状態では球団の行く末など語る以前の問題です。

まず中日新聞社という諸悪の根源から絶たなければいけないのです。

とはいえ、知らない人も多いと思いますので、まずは中日の監督人事を含めた権力闘争の構図から説明します。

2011年、落合監督が退任しましたが、この退任を仕組んだのは

中日新聞社の大島派・坂井球団社長(当時)

でした。

そして高木守道さんを監督に立てたわけですが、今度は

中日新聞社の小山派・白井オーナー

が反撃に出ます。

高木監督時代の成績不振を理由に高木監督をクビ。

そして落合博満さんをGMに就任させ、坂井球団社長を更迭させたのです。

まず、この時点でよくわからない単語が2つほど出てきたと感じる人もいるでしょう。

小山派大島派

少し話は脱線しますが、この2つについても解説します。

そもそも、中日新聞社とは、名古屋新聞社と新愛知新聞社が合併して誕生した企業です。

この2つの新聞社は元々は対立していたのですが、戦後の新聞統制によって合併させられたのが、合併の背景。

そして、

名古屋新聞社の創設者が小山家

新愛知新聞社の創設者が大島家

だったのです。

これでもうわかったかと思いますが、互いにライバル視していた企業が合併してしまったわけですから、合併した後もお互いの新聞社の創設者派閥ができあがり、派閥争いが勃発。

しかも、それを子会社の中日ドラゴンズにまで持ち込んでいるのですから悪質な話ですよね。

1 2 3 4
ページトップへ