リオ五輪サッカー日本代表の成績と敗因を独自解説!OA枠は不要!

サッカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サッカー


オリンピックの開幕に先駆けて行われたリオ五輪サッカー。

リオ五輪の開幕を迎える前にナイジェリア戦に勝利し、一気に勢いに乗りたいと考えていた日本代表(U23)です。

朗報というべきか、ナイジェリア代表が試合開始の7時間前になって、ようやく会場に乗り込むハプニングもありました。

それで、日本にとって有利な試合と見えていたはずなのですが…。

その考えが甘かったのか、リオ五輪サッカー日本代表は、最終戦でスウェーデンには勝利したものの、グループリーグ敗退となってしまいました。

そこで、改めてリオ五輪のサッカー日本代表のグループリーグの成績を振り返りながら、その敗因を考えてみました。

また、ネットでも物議をかもしているOA枠の是非について、筆者の見解でまとめていきたいと思います。

[adsense]

リオ五輪のサッカー日本代表(U23)の試合の成績

サッカー

2012年ロンドン五輪では、ベスト4に進出しながらも、あと一歩のところでメダルを逃してしまい、悔しい想いをしていたサッカー日本代表。

一方で、今回のリオ五輪に出場するU23の選手たちは、谷間の世代などと揶揄され、あまり期待されていなかったところもあります。

そういう意味では常日頃から悔しい想いをしてきたのではないでしょうか。

だからこそ、ダメチームと酷評されて逆境に立たされながらもアジアカップを制し、アジアチャンピオンとしてリオ五輪出場を決めたのだと思います。

それは、筆者だけでなく多くのサッカーファンの共通の想いでしょう。

そして、試合をする度に成長する彼らの姿を見て、

『次こそはオリンピックでメダルを!』

と期待していたファンも少なくなかったでしょう。

しかし、今回のリオ五輪の蓋を開けてみれば、

1 2 3 4
ページトップへ