メタルギアサバイブの設定にパクリ疑惑?低評価で批判炎上の理由

ゲーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メタルギアサバイブ

メタルギアサバイブの設定はバイオハザードのパクリ!?

メタルギアサバイブ3

『メタルギア』シリーズ最新作の『メタルギアサバイブ』は、一体どんなゲームなのでしょうか?

まずは、見てみたほうがわかりやすいと思うので、『メタルギアサバイブ』のトレーラーをご覧ください。

まず、世界観は

『メタルギアソリッド5 グラウンドゼロズ』~『メタルギアソリッド5 ファントムペイン』

の間の時系列となっているみたいですね。

PVの冒頭から、いきなり『メタルギア』シリーズの世界観をぶち壊しにするワームホールが出現しています。

この時点で、筆者は

「…うん?」

と疑問符を浮かべるしかありませんでした。

何でもかんでもワームホールで異世界へ行けばいい、というものではないです。

強引に『メタルギア』シリーズとこじつけようとしている感満載。

どうやら、『メタルギアサバイブ』は、

『メタルギアソリッド5 グラウンドゼロズ』で生き残ったMSF(国境なき軍隊)の兵士がワームホームにのまれ、異世界へ来てしまい、ゾンビと戦う4人ステルスCo-opゲーム

だそうです。

『メタルギアサバイブ』のジャンルとしては、異世界で生き残ることを目指した

サバイバルアクションゲーム

となっていて、従来の『メタルギア』シリーズとは、完全に別ジャンルのゲームになっていますね。

  • 生存(サバイバル)
  • 潜入(ステルス)
  • 防衛(ディフェンス)

この3つの要素が鍵を握っていて、マルチプレイの場合は、さまざまなミッションを協力してこなすゲームになっているみたいです。

さらに、『メタルギアサバイブ』では異世界の広大な土地を旅することになるのですが、

  • 餓え
  • 渇き
  • 怪我
  • 病気

といった要素も存在。

活動拠点となるベースキャンプを発展させたり、有害な霧の発生している場所ではエアタンクを装備して時間制限のある中、進まなければならないなど、なんというか、

洋ゲーにありがちなオープンワールドアクションゲーム

みたいな印象を受けます。

ちなみに、Co-opゲームとは、いわゆる協力プレイのゲームを指します。

国産ゲームで言えば『モンスターハンター』シリーズのようなものをイメージすれば、わかりやすいかもしれません。

となると、この手のゲームなのに、対戦要素が全くないことにもなります。

今時、どこにでもあるようなゾンビゲームで協力プレイって、需要があるのでしょうか?

価格、そして前情報だけを見ていると、ちょっとボリューム不足の感が否めませんが…。

とくに、対戦ではなく協力プレイでミッションをこなすゲームだと、やり込み要素に欠ける気がします。

そのため、すぐに飽きて終わり…

というユーザーが続出する未来が想像できますね…。

 

それにしても、『メタルギアサバイブ』はゾンビゲームですか…。

まるで『バイオハザード』のパクリと言わんばかりの別ゲームと成り果てましたね。

ネット上では、『L4D』こと『Left 4 Dead』、または『ラストオブアス』のようだとも言われています。

確かに『メタルギアソリッド5』にもゾンビのような傀儡兵や、植物状態になっていたものの、サイコ・マンティスとの同調により蘇った燃える男・ヴォルギン大佐など、リアリティを超越した存在はいました。

しかし、異世界となると話は別です。

ストーリーもこじつけるために無理矢理『メタルギアソリッド5 グラウンドゼロズ』のエンディングを盛り込んだような感じですし、

「『メタルギア』である必要があったのか?」

と言わざるを得ません。

ゲーム部分だけならば、新IPとしてでも一定の評価を得られ、人気に火が付いたかもしれないのに…。

売上を上げたいがために、『メタルギア』の名をつければ売れるだろう…

というような稚拙な魂胆が丸見え。

そして、案の定、公開された『メタルギアサバイブ』について、『メタルギア』ファンなどからは批判炎上。

なぜここまで『メタルギアサバイブ』の評判が悪くなってしまったのか?

すでに見えてきたような気もしますが、一応、ユーザーの反応も調べてみました。

1 2 3
ページトップへ