whiteeeen(ホワイティーン)の素顔や声は?キセキの歌詞もチェック

音楽

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
whiteeeen

一応プロフィールは、whiteeeen(ホワイティーン)公式サイトにも掲載されていますが、顔出しNGはもちろんの事、本名も一切非公開となっているそうです。

このwhiteeeen(ホワイティーン)が、2016年8月20日公開の映画『青空エール』の主題歌『キセキ〜未来へ〜』を歌うとあって、ネット上でも何かと注目されています。

GReeeeNの妹分として、彼らの代表曲『キセキ』を歌っているわけですから、それだけでも注目度は高くなるのは当然でしょう。

実際に筆者もwhiteeeen(ホワイティーン)の歌声を聞いてみましたが、実に透明感が高く表情も柔らかくなり、映画『青空エール』の世界観にピッタリです。

それにしてもGReeeeNが世に出てきた時も思いましたが、本当に凄いアーティストがまたもや出てきましたよね。

ただ、whiteeeen(ホワイティーン)の歌唱力は、中の下と言った感じで、それほど際立った印象は無く、厳しい言い方をしたら、どこにでもいそうなタイプの歌い手という印象になるかもしれません。

ただし、whiteeeen(ホワイティーン)の最大の武器は歌唱力ではありません。

聴き手が思わず涙を流しそうになるくらいピュアで透明感の高い歌声が、最大の武器だと思います。

音楽って

音を楽しむ

と書いて”音楽”と書きます。

それは当たり前のことなんですが、人間成長とともに、その事をどこか忘れかけてしまっているような気がするのです。

しかし、whiteeeen(ホワイティーン)は音を楽しむ心を持っていて、だからこそ胸にストレートに響いてきます。

映画『青空エール』で励まし合いながら甲子園を目指していく高校生たちのピュアな姿を演出するには、最高のアーティストといえるのではないでしょうか。

1 2 3 4
ページトップへ