台風コロッケの元ネタや由来をチェック!なぜ食べるの?

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台風の日に食べるコロッケ

のことです。

毎年、台風シーズンになると、

「台風だしコロッケ食べなきゃ!」

「やばい、強くなる前にコロッケ買ってこないとな!」

と、SNSなどでコロッケを食べようとする人の投稿が増加。

そして、『台風コロッケ』を知らない人が、

「なぜみんなコロッケを?」

と疑問に思う…。

ということが、毎年恒例の出来事として、起きているようです。

では、なぜ台風にコロッケを食べることとなったのか?

その理由、というよりは、『台風コロッケ』の元ネタを紹介していきましょう。

 

台風コロッケの由来・元ネタをチェック!

台風コロッケ2

台風にコロッケを食べる謎の習慣『台風コロッケ』。

では、その由来、元ネタはどこにあるのかについても解説していきます。

実は、この『台風コロッケ』は、いわゆるネットスラングのようなものであり、

発祥は2ちゃんねる

です。

『台風コロッケ』が最初に登場したのは、2001年8月に発生した台風11号の上陸した時。

具体的には、2001年8月21日まで遡ります。

この時に、2ちゃんねるで立っていた

『【台風11号パブーク】上陸秒読み実況スレッド 14号』

で、『台風コロッケ』の元ネタが初めて登場するのです。

『台風コロッケ』の元となる発言をしたのは、このスレの111番の人物、ID:V2iqkNlAさんでした。

V2iqkNlA氏は、

「念のため、コロッケを16個買ってきました。もう3個食べてしまいました」

という発言を投稿。

台風上陸により緊迫した状況の中、突然場違いな、かつほっこりとする内容だったため、返信が多くつき、

「コロッケ食べたくなってきたな」

という人が続出!

こうして、台風の日にコロッケを食べる習慣ができていったのです。

1 2 3
ページトップへ