WiiUの販売台数は?生産終了と人気なく売れなかった理由を考察!

ゲーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
WiiU


2017年1月31日をもって、国内向けの生産終了となった任天堂の据え置きハード・WiiU。

10年間粘りに粘って、なんとか右肩上がりになったPS3に比べると、5年間という短い間で、全く振るわなかったハードと言えます。

WiiUは、今思えば発売初期の頃から全く売れず、晩年に『スプラトゥーン』が登場したおかげで、ようやく売れるようになったものの、時すでに遅し、といった状態でしたね。

それにしても、WiiUはなぜここまで人気低迷となってしまったのでしょうか?

当記事では、WiiUがなぜ売れなかったのかその理由について、販売台数で比較しながら考察してみます。

[adsense]

任天堂WiiUの販売台数は?

みなさんは、WiiUを知っていますか?

任天堂の据え置きハード(ゲーム機のこと)だったWiiUは、2012年12月8日に発売しました。

しかし、全く売れず、2017年1月31日をもって国内向けの生産が終了。

時代はニンテンドースイッチへと移っていきましたね。

ついにWiiUは、不遇のまま幕を閉じたのです。

これまでPSシリーズとともに人気を博してきたWiiであり、その後継として登場したのがWiiUでした。

それが、まさかここまで明暗を分けているとは思いもしませんでしたね…。

 

では、具体的に、WiiUはどれくらい販売されたのでしょうか?

この販売台数の数字を見ると、いかにWiiUが、大コケというほどの大失敗だったかがよくわかります。

WiiUの販売台数は、なんと

1,356万台

この販売台数が多いのか、よくわからない人に説明すると、大ヒットしたWiiは、

1億163万台

を販売しました。

ざっと計算して、Wiiの約8分の1しか売れなかったのです。

1 2 3 4
ページトップへ