年賀状を住所不明(わからない/知らない)の相手に届ける方法を紹介

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
郵便年賀jp

相手が、住所を控えてしまうことも可能ですよね。

その後に、どんなトラブルが起こるかわからないため、今まで、

「○○さんの年賀状ほしいけど、もし何かあったら…」

と、年賀状のやり取りを躊躇っている人も少なからずいるはず。

そんな人たちに待望の新サービスを、日本郵政が

2016年11月1日(火)

から開始しました!

このサービスは、相手の

住所がわからなくても年賀状が送れる

という画期的なサービス。

これで、ネットの友達にも年賀状が送ることが可能になったわけですね。

しかし、あくまでも『郵便年賀.jp』のサービスであるため、年賀状のみしか対応していません。

他の郵便物や品物は、当然送ることができません。

なお、住所がわからなくても品物を送れるシステムは、日本郵便ではなく他の業者が行っていますので、後に紹介します。

では、具体的に、住所がわからなくても送れる年賀状サービスはどう利用するのでしょうか。

 

住所がわからなくても送れる年賀状の送り方!

では、住所のわからない相手に年賀状を送れる、夢のような日本郵政の新サービスの使い方をさっそく紹介します。

とは言っても、難しいことは一切ありません。

手順はたったの3つです。

1.SNSの友達やスマホのアドレスから送りたい相手を選択

こちらは送る側が行う手順です。

2.相手に事務局からのメッセージが届き、受け取りOKで年賀状配送

こちらは受け取る側が行う手順。

ここで、

事務局からのメッセージを拒否した場合は、年賀状が届かない

仕組みとなっています。

そのため、見知らぬ相手だったり、受け取りたくない相手からの年賀状は拒否できるのです。

それにより、ストーカー被害防止などにもなっており、考えられた仕組みですね。

1 2 3 4
ページトップへ