沢城みゆきのキャラクターランキング!ジョジョと英語が高評価!

アニメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
沢城みゆき


沢城みゆきさんが英語を得意・特技としているというのは、ファンの間では有名な話のようです。

英語の本場でもあるイギリスの方に、英語のプロだと勘違いされるほどの実力ですから、相当な英語力であることが伺えます。

しかも沢城みゆきさんは帰国子女というわけではないため、大学在学中に英語を学んだそうで、まさに努力の結晶なのでしょう。

英語というか、米語が得意という意味では英検準1級を取得している声優の東山奈央さんも当てはまりそうです。

ただ、東山奈央さんと沢城みゆきさんが異なる点で言えば、英語と米語でしょうか。

今回の件でいえば、キャミィはイギリス人の役ですから、今後も沢城みゆきさんがイギリス人女性の役をこなすことは、なんの問題もないでしょうね。

沢城みゆきさんの特技の一つである英語。

ファンとしては、今後、沢城みゆきさんの英語力を生かせる役を是非演じてほしいところですね!

沢城みゆきがジョジョで見せた声優の実力

空条徐倫

沢城みゆきさんといえば、『ジョジョの奇妙な冒険シリーズ』のゲーム、『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』で、第6部の主人公・空条徐倫(くうじょうじょりーん)を演じた時も話題になりましたね。

その声を聴いた人々から

「似合っている!」

「ぴったり!」

と、周りが思う空条徐倫のイメージをそのままに演じきったそうです。

空条徐倫は、日系アメリカ人といった役柄で、

「やれやれだわ。」

が口癖。

父・承太郎の口癖だけでなく、勇敢でタフな精神力を備える、いわゆる黄金の精神を受け継ぎ、ジョナサン・ジョースターから続く主人公の系譜、そのラストを飾る存在にふさわしいキャラクターでした。

『ジョジョの奇妙な冒険』は、コアなファンが多く、昔から愛されている名作漫画です。

アニメの際には、とくに声優については非常に厳しく、特徴的な『オラオララッシュ』の声の出し方には、下手をすると、かなり辛辣な評価を声優が受ける可能性もあります。

今でこそ『ジョジョの奇妙な冒険』のファンから納得の出来だと言われている小野大輔さんも、『オールスターバトル』PVでの承太郎の『オラオララッシュ』には、

「声がしょぼすぎ」

など辛口の評価ばかりでした。

そんな中で、沢城みゆきさんが見せた『オラオララッシュ』は、初めて聞いた段階で多くのファンを納得させてしまったのですから、沢城みゆきさんの声優としての実力のなせる業と言えそうですね。

まとめ

沢城みゆきさんは、数多くの人気作に運よく抜擢されているわけではなく、その裏にはちゃんとそれに見合うだけの声優の実力があることがわかりました。

沢城みゆきさんのこれまでに演じたキャラクターは、多岐に渡りますが、沢城みゆきさんを

「万能声優」

と評価する人もいれば、

「当たり外れがある」

と評価する人もいて、評価は二分しています。

しかし、沢城みゆきさんが、これほどまでに様々な役を演じることができる背景には、やはり声優としての引き出しの多さや、一つずつステップアップし、それに甘んじることもなく、そのうえでテクニックなどを磨き続けてきたからこそなのではないでしょうか。

沢城みゆきさんのさらなる成長と、その活躍にも期待ですね!

1 2 3
ページトップへ