ホワイトデーのお返しにおすすめ!東京の和菓子をチェック!

ホワイトデー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホワイトデー

3種の味覚を堪能できる、今まで食べたことのない、わらび餅の新しい世界観を堪能できるでしょう。

なお、気になるお値段は、お抹茶と口直しのきくらげが付いて、

2,375円

です。

出来たてに加えて、クォリティに納得のお値段、さらには丸の内という場所、食材へのこだわり、大人の時間・愉悦を感じられる一品としておすすめします。

 

ホワイトデーのお返しに京菓匠 鶴屋吉信の和菓子!

ねりきり

『京菓匠 鶴屋吉信』は、享和3年(1803年)に初代鶴屋伊兵衛が上京区にて創業。

創業以来、代々伝えられている

「ヨキモノヲツクル為ニ材料、手間ヒマヲ惜シマヌ事」

という家訓を守りながら、

「どこよりも美味しい菓子」

「心よりよろこんでいただける京菓子文化」

を大切に守り続けている京都お茶菓子の老舗です。

その『鶴屋吉信』がCOREDO室町に、最新スタイルの和菓子店『鶴屋吉信 東京店(とうきょうみせ)』をオープン。

こちらは、お店の奥にカウンターがあり、職人さんがその場で作った出来立ての美しい『ねりきり』などを食べる事ができます。

それは、まるでお寿司屋さんで職人さんがお寿司を握ってくれるような錯覚さえ感じる雰囲気。

季節に合わせて、ひと月に2回程メニューが変更されるので、いつ行っても新しい物に出会えるかもしれません。

ホワイトデーの頃になると、桜にちなんだ『ねりきり』に出会えるかもしれませんね。

お値段は、お抹茶と季節の和菓子で、

1,296円

です。

COREDO室町というと、ここ数年で変化のめざましい話題の日本橋にあり、COREDO室町1、COREDO室町2、COREDO室町3とあり、様々なショップが入っています。

日本橋の橋から、お江戸日本橋の魅力を1時間掛けて春を感じながら周遊し満喫できる舟めぐりなど、一日楽しめるスポットもたくさんあります。

1 2 3
ページトップへ