サッカーのグリーンカードの意味とは?審判員はある行動をみてる!

サッカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グリーンカード eye


サッカーの試合中に、審判が選手に対してカードを提示することがあります。

通常、このカードの色は、

黄色か赤色

なのです。

黄色は『警告』として、

オマエ、悪いことをしたから警告するよ。

次は退場だからね!

という意味です。

赤色は『退場!』です。

1試合で2度目に黄色のカードを提示された場合、あるいはとくに悪質な反則をした場合は、この赤色のカードが提示されます。

その場合は、選手は即退場となり、その試合はもちろんのこと、次の試合も出場できません。

しかし、サッカーの試合では、もう一つの色のカード、

『緑色のカード』(グリーンカード)

も存在するのです。

今回は、サッカーの試合でのグリーンカードとはどのような意味のカードなのか、またどのような場合に提示されるのかを調べてみました。

[adsense]

サッカーのグリーンカードの基準とは?

この

『グリーンカード』

とは、イエローカードやレッドカードとは異なり、

『良い行いをした選手に対して提示される(というより、贈られる)カード』

なのです。

審判は選手の行動を見ていて、

『フェアプレーの精神と相手へのリスペクトが感じられる』

と判断した時に、このグリーンカードを提示します。

当初は、少年サッカーでの教育的配慮により、

フェアプレーやマナーを増進する

ということが、グリーンカードの目的でした。

そのため、少年サッカーでは、かなりの頻度で、このグリーンカードが提示(または贈呈)されるのです。

しかし、プロをはじめとする大人のサッカーで、このグリーンカードが提示されたことは、これまでにほとんどありませんでした。

なので、グリーンカードそのものが一般の人々には、あまり認知されていなかったのです。

1 2 3 4
ページトップへ