サッカーのグリーンカードの意味とは?審判員はある行動をみてる!

サッカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グリーンカード eye

ところが最近、セリエB(イタリア2部リーグ)で、ヴィチェンツァ所属の

クリスチャン・ガラノ選手が、このグリーンカードを貰ったこと

で、一般的にも知られるようになってきました。

 

コッリエレ・デッラ・セラ誌が報じたところでは、

ヴィルトゥス・エンテッラとの試合の後半に、ガラノ選手はシュートをし、コーナーキックを得た。

しかし、ガラノ選手自身が、相手は誰もボールに触っていないので、コーナーキックではないと申告した。

25歳のガラノ選手はグリーンカードを与えられた、史上初の選手となった。 

ということなのです。

セリエBのアンドレア・アボーディ会長は、このグリーンカードに関して、このように語っています。

フェアプレーの向上のための刺激になればいいと思っている。

これは信頼性やサッカー界の色々な問題を解決するための、プロジェクトの一部だ。

注意しなければならないのは、普通のプレーではなく、本当に特別なプレーが報いられるものでなければならないということだ。

選手がけがをした時に、プレーを中断したからといって、グリーンカードが出されることはない。

日本では、このグリーンカードは、2002年のワールドカップ終了後に、JFAが重要な方針として

『キャプテンズ・ミッション』

を提示したことが、きっかけとなりました。

その中には、『JFAキッズプログラム』という少年サッカーの普及と育成のプログラムがあります。

このプログラムでは、少年サッカーではイエローカードやレッドカードのような罰則よりも、

褒めることに重点を置くべき

である、という考え方があったのです。

その『褒めて育てる』ことの一つとして、このグリーンカードのシステムが提案されたのです。

1 2 3 4
ページトップへ