サッカーのグリーンカードの意味とは?審判員はある行動をみてる!

サッカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グリーンカード eye

このグリーンカードは、イエローカードやレッドカードのように、プレーを一時中断する必要は必ずしもありません。

一連のプレーが終了した後で、当該選手に掲示(贈呈)してもかまいません。

このグリーンカードの贈呈対象となるプレーは、たとえば相手とぶつかり相手が倒れた時など、それが反則であろうとなかろうと、

相手を配慮し謝罪する、あるいは引き起こして怪我への気配りをする

などの行為が基準になります。

他の例では、自チームのボールがラインを越えたり、審判が見逃した

自チームの不利になる反則などの行為を、自己申告したりする場合

も、このグリーンカード提示に該当します。

また、チームが大差で負けている時でも、決して試合をあきらめず、味方の選手をはげまし、最後まで全力を尽くしてプレーする。

さらには試合中に敵味方で揉めている時などには、その仲裁をするなど。

フェアプレーやスポーツマンシップにのっとったプレーに対して、このグリーンカードが提示される

のです。

また、審判に対しては、グリーンカード提示の際には、簡単な状況説明や、褒め言葉や、笑いかけたりするアクションなどが、求められています。

このあたりは、やはり当初はグリーンカードが、あくまで少年サッカーを対象に考えていたいたことが、わかるところですね。

また、このグリーンカードには、イエローカードやレッドカードのような、累積の扱いはありません。

 

サッカーのグリーンカードの意味と意義をチェック!

JFAとJリーグでは、2008年から、サッカーにおけるリスペクトの重要性を認識するための、

『リスペクトプロジェクト』

を始めました。

このリスペクトとは、社会におけるスポーツの役割を自覚し、常に全力を尽くしてプレーすることです。

そして、それはスポーツにおけるフェアプレーの原点であるとしています。

リスペクトの対象は、

自分達の仲間、対戦相手、審判、指導者、大会関係者、サポーターなどの人たちはもちろんのこと、用具、施設、競技規則

など、サッカーに関わるあらゆることに及びます。

これらの人や、ものを『大切に思うこと』が、サッカーにおけるリスペクトだというわけなのです。

『フェアで強い日本を目指す』

これがリスペクトプロジェクトの目的ですが、それが実現すれば、日本のサッカーは強さとはまた別に、世界から尊敬される存在になるでしょう。

既に、女子サッカーのなでしこジャパンは、ワールドカップ優勝の栄誉と、フェアプレー賞を両方とも受けているのです。

この延長線上にグリーンカードのシステムがあるわけですね。

 

サッカーのグリーンカードの具体例

サッカーのイエローカードやレッドカードって、実は審判の自前らしいのです。

時折、審判員の人が「どこそこでカードを購入したら・・・」などというメッセージを残していますので、どうやら自前ということらしいですよ。

そのグリーンカードは、選手の行動を見て審判が、

『フェアプレーの精神と相手へのリスペクトが感じられる』

と判断した際には、このグリーンカードを提示(または提供)します。

費用のことはともかくとして、実際の試合では、どのようなシーンでグリーンカードが提示されるのか、具体例を見ていきましょう。

グリーンカードを出す状況としては、

  • 負傷した選手へのいたわりなどの対応
  • 自分に不利になる場合でも自己申告した
  • 試合中の揉めごとなどの抑止や制止
  • スポーツ選手として精一杯頑張った時
  • その他フェアプレーの精神と相手へのリスペクトがとくに認められた場合

などが考えられます。

以下その実際の具体例をあげてみましょう。

グリーンカード提示の実例

相手の体当たりして倒してしまったが、手を貸して起こしてやり、謝った。

その結果、相手も握手に応じてくれたそうですよ。

自分のファウルで相手が倒れ、痛がっていた時、まだそれに気がつかない審判にアピールした。

これは怪我の悪化を未然に防いだということからでしょうね。

チームメイトが相手選手と怒鳴りあった時、その選手をなだめて引き離した。

その結果、チーム同士の乱闘を未然に阻止したのです。

キーパーの靴紐がほどけてしまった時、結んであげた。

キーパーは手袋をしているので、手袋を脱がないと紐は結べません。

スムーズな試合進行にも役だったことでしょう。

試合終了間際に、味方が蹴ったボールがピッチの外に出た。走っていってそのボールを拾い、相手に渡した。

残り時間が少なくなった場合には、えてして遅延行為に走りがち。

しかし、勝っている状態でもそのようにしたのは、立派ですね。

問題となるような行動を起こしそうな味方選手を事前に制止した

相手の反則で熱くなっている味方選手に、

「落ち着け!冷静になれよ!」

となだめて落ちつかせ、チーム同士の乱闘を未然に防いだそうです。

個々の選手ではなく、チーム全体にグリーンカードが提示された例

暑い時期の試合で、中心選手が疲れきっていた。

彼の交替はチームには痛いが、その選手の体調を考え直ちに交替したが、残りの選手も彼の分も頑張ってプレーした。

ということです。

まとめ

今回は、サッカーでのグリーンカードとはどのようなカードなのか、その意味はどんなものなのか、それに具体例などを見てきました。

このグリーンカード制度は、当初は少年サッカーでのフェアプレーを奨励するためのものでした。

しかし、現在ではイタリア2部リーグのセリエBなどでも行われるようになってきました。

また、JFAとJリーグでは、2008年から、サッカーにおけるリスペクトの重要性を認識するための、

『リスペクトプロジェクト』

を始めたのですが、人や、ものを『大切に思うこと』が、このグリーンカード制度にも繋がっているみたいですね。

このグリーンカード制度が、この先、大人のサッカーでも、一般的に行われるようになるのかは不明です。

1 2 3 4
ページトップへ